かんじき貸し出ししています

投稿日 2017-01-15

1月15日 ここ安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄は今日もぐっと冷え込んでおり、手袋をしていても一瞬でかじかんでしまうほどです。そんな寒さの中でも、敷地内を歩いているとアカゲラの木をつつく音が「コンコンコン」と元気よく聞こえてきます。羽毛を身にまとった彼らにとって、寒さなんてどうってことないのでしょうね。

 さて、冬になるとアルテピアッツァ美唄では無料で「かんじき」を貸し出ししています。ふわっとした新雪の上も、あまり埋まらずに歩くことができる道具です。
 敷地内では、除雪された園路を歩いてブロンズ彫刻をご覧いただけますが、園路をはずれて、森や丘の上まで散策してみてはいかがでしょうか?動物の足跡に出会えることも!ご希望の方は、お気軽にスタッフまでお声掛けください。 長靴もお貸ししています。

 

今年最初の「こころを彫る授業」

投稿日 2017-01-11

1月11日 例年に比べると積雪が少ない安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄ですが、今朝から日中にかけてどんっと雪が降りました。

 さて、先週末、今年になって初めての「こころを彫る授業」を開催しました。北海道内はもとより、東京など遠方から、2日間でのべ24名の方が参加してくださいました。自分の“こころ”を大理石等で形にしていくこの授業では、毎月来られる方や東京から年に1度、という方まで、“こころを彫る”頻度は、人それぞれ。授業が始まると、ノミとゲンノウでもくもくと石を彫る方、外をお散歩してリフレッシュという方、カフェでお茶をしてひと呼吸という方など思い思いに自分のペースで“こころ”と向き合える、そんな授業です。

 「こころを彫る授業」は毎月第一土日に開催しています。こちらから授業の紹介映像もご覧いただけますので、ご興味ある方は、ぜひ見てみてください。

あけましておめでとうございます

投稿日 2017-01-06
1月6日 2017年になりました。安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄は今日が今年最初の開館日です。気温はぐっと冷え込んでいますが、例年よりも雪が少なく穏やかです。
 休み明けのアルテピアッツァ美唄には、子どもたちが雪遊びをしたあとやスノーシューで散策した靴あと、動物たちの足あとなどが新しく雪原に残っていました。年末年始にもいろんな方が各々の時間を過ごしに訪れていたと思うと、嬉しく思います。
 このブログやFacebookでは、日々のアルテの様子やNPO法人アルテピアッツァびばいの活動などをお伝えしています。遠くで応援してくださっている方にも今のアルテを感じてもらえるよう心がけて更新していきますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

よいお年を

投稿日 2016-12-30

12月30日 雪がしんしんと降る中、時折太陽が顔をのぞかせます。本日、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄は年内最後の開館日となりました。明日から年末年始のお休みに入ります。

 今年はアルテピアッツアァ美唄が美術館登録され、「安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄」となった記念の年であり、6月にはイタリア・ピサの街で大々的な野外彫刻展「Toccare il Tempo 時に触れる」が開催された年でもありました。

 また、「毎日お散歩に来るのよ」と言われるご近所のおばあちゃんから、「また来ます。」とおっしゃってくださる遠方の方までたくさんの方にお越しいただきました。中でも「今度は違う季節に来ます。」と言われることも多く、季節の移り変わりとともに作品は表情を変え、どの季節にも「はっとする美しさ」がこの場所には存在していることを改めて感じた1年となりました。

 アルテピアッツァ美唄を訪れてくださったみなさま、全国から様々なかたちで応援してくださいましたみなさま、ありがとうございました。新年は1月6日(金)から開館いたします。それでは、どうぞ良いお年をお迎えください。※屋外は年末年始もご覧いただけます。

認定NPO法人アルテピアッツァびばい スタッフ一同

カフェアルテでクリスマス

投稿日 2016-12-28

12月28日 今朝の最低気温は-16℃で、ピリッと冷たい空気が、体の芯まで伝わりました。

 さて、12月25日、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄内カフェアルテでクリスマスパーティー「クリアルテ」が開催されました。アルテを応援してくださる美唄市民の方々とアルテスタッフが一緒に企画した新たな試みです。対象は、市内近郊に住む20代~30代。アルテの魅力を若い世代の方々にもっと伝えたいという思いでした。
 当日は、美唄市在住のギターデュオ「Duo・フォレスター」のお二人による、クリスマスに合わせた選曲のクラシックコンサートからスタート。その後、サプライズゲストとして、安田侃さんも来てくださり、「若い方々が集まるのは嬉しいことです。」とお話してくださいました。雰囲気が盛り上がったところで、この日の為にイルミネーションが施されたカフェアルテで、チキンやローストビーフ、イタリア料理、デザートと盛り沢山のビュッフェをイタリア産ワインなどのお飲み物と一12月28日緒にお楽しみいただきました。その他、初めて来た方の為にアルテの紹介をする時間、彫刻「相響」のライトアップやビンゴ大会など、気軽に楽しんでいただけるプログラムをご用意し、あっという間にクリスマスの夜は過ぎていきました。

 帰り際、スタッフに「料理、どれも美味しかったです。」「初めて来ましたが、素敵な場所ですね。」と嬉しい声をかけていただきました。ご参加くださった30名のみなさん、ありがとうございました。

第26回「アルテの森語り」

投稿日 2016-12-26
12月26日 12月23日(金・祝)、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄カフェアルテで、第26回「アルテの森語り」を冬至に合わせて開催しました。この日は全道的に荒天で参加をあきらめた方も多い中、30名近くがお越しくださいました。
 16時半、辺りが真っ暗になってからゲストのフルート奏者、大島さゆりさんの演奏からスタート。大島さんは金と銀で作られた2種類のフルートを用意し、素材による音色の違いを聴かせてくれました。同じ曲の聴き比べに、参加者もうなずきながら音の違いを堪能していました。その後、アイルランドの曲や坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」などを演奏。最後にクリスマスソングメドレーを披露し、温かい拍手で大島さんの演奏は終了しました。
 続いての安藤千鶴子さんによる朗読は、日本の昔話「若返りの水」と童話「マッチ売りの少女」の2本。「若返りの水」は、途中笑いが起こる場面もあり、とてもなごやかな雰囲気でした。みなさんご存知の「マッチ売りの少女」では、安藤さんの落ち着いた声で語られる、寒い雪の中を歩く少女の描写が、外の雪景色と合っていました。物語のてん末では聞いている方々の哀愁をそそりました。
 最後に磯田憲一さんによる朗読、山本周五郎著「かあちゃん」です。女手ひとつで5人の子どもたちを育てているお勝と、その家に入った泥棒とのやり取りから始まった物語に、みなさんじっくりと聞き入っている様子でした。
12月26日 終了後は会場を隣接のストゥディオアルテ(体験工房)に移しての交流会です。「冬至かぼちゃ」を用意したほか、参加者からの差し入れもいただき、テーブルにはたくさんの料理が並びました。工房の外では餅つきも行われ、参加者、スタッフ、そしてこの日は安田侃さんも来られ、代わる代わる餅をつき、会場には一体感が生まれました。
 出演者のみなさま、ご参加いただいたみなさま、雪の降る中お越しいただき本当にありがとうございました!来年の開催についてはホームページやこちらのブログでお知らせしますので、どうぞお楽しみに。

振替休館日と年末年始のお知らせ

投稿日 2016-12-22

12月22日 今年も残すところ10日を切りました。ここで、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄の振替休館日と年末年始のご案内です。24日(土)は振替休館日となります。その他、年内最後の開館日は30日(金)、12月31日(土)~1月5日(木)まではお休みです(カフェアルテも同様です)。※屋外の作品は休館日でも、自由にご覧いただけます。

そして、2017年最初の「こころを彫る授業」のご案内です。新しい年の初めにコツコツと石を彫りながら、自分の“こころ”と向き合ってみませんか?

◆日にち:1月7日(土)、8日(日)※1日のみの参加も可能。 ◆時間:10:00~16:00 ◆場所:アルテピアッツァ美唄内ストゥディオアルテ(体験工房) ◆材料費:一般/15,000円(大理石)10,000円(軟石)大学生・高校生/10,000円(大理石)6,000円(軟石)中学生以下/9,000円(大理石)5,000円(軟石)◇アルテ市民ポポロ市民証提示の方は各1,000円割引 ◇翌月以降の授業に継続参加の場合は1日1,200円(アルテ市民ポポロ市民証提示の方は200円割引)。 ◇昼食について:持参していただくか、別途800円で美唄農家のお母さん達による昼食「かあさんの味」をご用意します。こちらは予約が必要ですので、授業の3日前までにお申し込みください。

授業及び昼食のお申込み、お問い合わせはアルテピアッツァ美唄ギャラリー(0126-63-3137)まで。小学4年生以上なら、誰でも参加できます。お待ちしております。※毎週火曜日、祝日の翌日、年末年始は休館いたします。

中学生の「ココロのかたち」

投稿日 2016-12-18
12月18日 ただ今、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄ギャラリー(木造校舎2階)では美唄市立東中学校3年生による「ココロのかたち」展が開催されています。
 この展示は今年で10回目。中学3年生の美術科の授業で取り組まれ、目に見えない自分の心を、紙粘土を使って形にしています。展示教室にはそれぞれの「ココロのかたち」が飾られ、その形に至った生徒たちの想いがキャプションに書かれていました。 卒業を目前に、中学校生活3年間の楽しかったことを振り返り作品に託している生徒、これからの受験や将来への不安な気持ち。思春期真っ只中の心の揺れ動きが素直に出ている作品が多く、様々な葛藤を乗り越えてできた形なんだと伝わってきます。
 展示は来年の1月8日(日)まで。毎週火曜日休館のほか、12月24日(土)振替休館、年末年始は12月31日(土)~1月5日(木)まで休館です。

ぺったんこ!

投稿日 2016-12-15

12月15日 先日、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄内にある木造校舎1階の栄幼稚園では、毎年恒例の「もちつき」が玄関ホールで行われていました。
まず最初に、お父さんたちが蒸したてのもち米をついてお手本を見せてくれます。そのリズムに合わせて、子どもたちは「それ~ぺったんこ♪」と声かけで参戦。そして次は子どもたちが交替でおもちをつきます!小さな子は先生に支えてもらいながらつくのですが、さすが年長さんともなると、背丈ほどある大きい杵を1人で持ってついている子もいました。
おもちをついている子も、「いち~、にぃ~」とかけ声で応援する子もみんな元気で一生懸命!全部で7臼、もち米20升分作りました。みんながんばってついたね~!
今年も、アルテスタッフにもお裾分けをいただきました。みんなでついた出来たてのおもちは、甘くてやわらかくてとても美味しかったです。ありがとうございました!

2つのクリスマスイベントのお知らせ

投稿日 2016-12-09
12月9日 ここ数日、雪がしんしんと降っています。今日は安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄で行われるクリスマスイベントのお知らせです。
 1つ目は12月25日(日)のまさにクリスマス当日、カフェアルテでクリスマスパーティー「クリアルテ」が開催されます。主催のアーモアルテ委員会は、アルテピアッツァを応援する美唄市民の有志の方々とアルテスタッフが集まりました。イベント参加対象は20代から30代の方、会場ではクラシックギターコンサートや、ビュッフェスタイルの料理とイタリア産ワインなども用意されます。ぜひ、アルテでちょっと大人なクリスマスを過ごしてみませんか?30名限定ですので、チケットのお求めはお早めに。お問い合わせはカフェアルテ(0126-63-1010)までお願いします。
■日時    2016年12月25日(日)18時~
■場所    アルテピアッツァ美唄 カフェアルテ
■料金    前売りチケット4,500円(おみやげ付)
■定員    30名
■チケット販売   カフェアルテ (0126)63-1010 (火曜休館)
美唄ホテルスエヒロ (0126)62-2501
12月9日

 2つ目は17日(土)にストゥディオアルテ(体験工房)でありますアコースティックライブ「僕の歌は君の歌 Vol.6 ~Chiristmas edition~」です。美唄市在住の岸孝志さんが主催・出演もされるこのライブは今回で6回目、毎回違ったアーティストをお呼びしアルテの夜を演出しています。こちらのお問い合わせは岸孝志さん(0126)62-5368まで。

■日時    2016年12月17日(土) 18時開場 18時半開演
■場所    アルテピアッツァ美唄 ストゥディオアルテ(体験工房)
■料金    予約2,500円、当日3,000円(ワンドリンク付)
■出演    なかにしりく、蝦名摩守俊、Chima、岸孝志
■ご予約・問合せ   岸孝志 電話 (0126)62-5368 メール takashiom18@gmail.com
1 2 3 4 5 6 152

RSS

PAGE TOP