カフェ夏メニュー始まりました

投稿日 2017-04-24

4月24日 春の訪れを告げる鶯の鳴き声が、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄でもようやく聞こえてきました。

 さて、日中は気温が10度を越え、暖かさを感じるようになり、カフェアルテでは夏期限定メニューが始まりました。すっかり夏の定番になりました人気のソフトクリームをはじめ、8時間掛けてじっくり抽出する水出しのアイスコーヒー、そして新メニューとして今年からアイスココアが加わりました。ほろ苦いカカオを使った濃厚でコクのあるまろやかな味で、暑い日には、大人から子どもまで、人気のメニューになりそうです。

 来月には桜も開花し、ますます散策が楽しい季節になりますね。ぜひ、ほっと一息つきにカフェアルテにもお立ち寄りください。

テレビ放送とGW特別開館のお知らせ

投稿日 2017-04-21

4月21日 ここ数日に降った雨で、芝の緑がぐんっと濃くなりました。

 さて、テレビ放送のお知らせです。STV(札幌テレビ放送)で深夜放送の情報番組「ジョシスタあいく的」の次回放送、美唄特集の中で安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄も取り上げてくださいます。番組の中では、モデルで写真家の舞川あいくさんが、実際に安田侃さんの彫刻作品に触れたり、「こころを彫る授業」を体験する様子などが放映される予定です。深夜の番組ですが、北海道内にお住まいの方、ぜひご覧ください。
■番組名:「ジョシスタあいく的」(STV 札幌テレビ放送)
■放映日時:2017年4月24日(月) 深夜0:59~

 また、ゴールデンウィーク期間中は、特別に毎日開館します。まだ予定が決まっていない方、番組をご覧になって気になった方、ぜひ連休中お出かけください。

「クリーン会」始まります

投稿日 2017-04-19

4月19日 今日は雨が降っていて、敷地内を歩いていると土の匂いをいつもより一層感じることができます。

 さて、今週末の4月22日(土)・23日(日)に今春初めてのクリーン会、「春のアルテクリーン作戦」を行います。冬の間に雪の重みで折れてしまった枝が雪解けとともにたくさんでてきます。その「枝集め」をすることで、アルテピアッツァ美唄の森や芝をきれいに保ちます。朝の気持ちのよい時間帯です、短い時間でもOKですのでお気軽にご参加ください!
 通常「クリーン会」は今月29日(土)から10月までの毎週土曜日(10月は毎日)8:30~10:00の時間帯で行っています。アルテスタッフとお話をしながら朝のひとときをご一緒にいかがでしょうか?
 
春のアルテクリーン作戦
■ 日 時   4月22日(土)・23日(日) 8:30~10:00  ※予約不要、雨天中止
         (※以降毎週土曜日開催)
■ 集合場所  ストゥディオアルテ(体験工房)前
■ 持ち物   軍手、長靴など。作業しやすい服装でお越しください。
■ お問合せ  安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄 0126-63-3137

 なお今年から…クリーン会に5回参加いただいた方に、カフェアルテで人気の「ソフトクリーム」をプレゼントいたします!

 そして、4月29日(土)から11月上旬までの毎週土曜日10:00~は、アルテピアッツァ美唄のスタッフがアルテの中をご案内する「定時ガイドツアー」を開催します。こちらもご予約不要、どなたでもご参加いただけますので、参加希望の方はアートスペース(旧体育館)の前にお集まりください!

こぶしの花

投稿日 2017-04-16

4月16日 安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄の広場の雪はほとんど融け、風も暖かく感じられるようになってきました。
 朝早くに体を動かしている方も増え、ランニングやウォーキング、犬の散歩にと園内を散策されています。今の葉っぱの少ない時期には、木の間から顔をのぞかせている彫刻も見られます。ふわふわのつぼみを付けていたこぶしもいくつか開花し、白い花が咲いていました。
 まもなく水の広場にも水が流れる予定です。長い冬が終わり、いよいよ春らしくなってきた彫刻美術館で、人も自然も活動し始めていることを実感します。

5月の「こころを彫る授業」は第2週目です。

投稿日 2017-04-13

4月13日 春らしい陽気の日が続いています・・・とこちらでもお伝えしていましたが、昨日と今日はご覧のとおり冬に逆戻りです。

 さて、5月の「こころを彫る授業」のお知らせです。いつもは、毎月第一土日に開催していますが、ゴールデンウィーク期間中のため、5月は第2週の土日に開催となります。
 春は身の周りの環境が変化したり、慌ただしい日々を過ごされている方も多いと思いますが、自分の「こころ」とゆっくり向き合う時間をつくってみてはいかがでしょうか?

◆日にち:5月13日(土)、14日(日)※1日のみの参加も可能。 ◆時間:10:00~16:00 ◆場所:安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄内ストゥディオアルテ(体験工房) ◆材料費:一般/15,000円(大理石)10,000円(軟石)大学生・高校生/10,000円(大理石)6,000円(軟石)中学生以下/9,000円(大理石)5,000円(軟石)◇アルテ市民ポポロ市民証提示の方は各1,000円割引 ◇翌月以降の授業に継続参加の場合は1日1,200円(アルテ市民ポポロ市民証提示の方は200円割引)。 ◇昼食について:持参していただくか、別途800円で美唄農家のお母さん達による昼食「かあさんの味」をご用意します。3日前までに授業のお申し込みと一緒にご予約ください。
お申し込みは、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄ギャラリー TEL 0126-63-3137 ※火曜休館

新しい1年の始まり

投稿日 2017-04-10

4月10日 今日、木造校舎1階の栄幼稚園では入園式が行われました。例年、雪の残る時期ですが、今年は芝生も青くなりはじめ、冬用カバーを外した白く輝く彫刻が新入園児を迎えました。11名の新しいおともだちは、先輩園児に手をひかれて入場。お父さんお母さんと離れて落ち着かない様子で席につき、やがて泣き出す子、歩きまわる子、椅子から転げ落ちる子もいました。記念写真の撮影もひと苦労でした。でも、これから幼稚園へ通う中であっという間に成長していくことでしょう。
 いよいよ春本番。芝生の上でかけっこ、森で忍者ごっこ、水の広場で水遊び、と元気に動き回る園児の姿が見られるようになります。すてきな思い出たくさんできるといいね。私たちアルテピアッツァスタッフとも仲良くしてくださいね!

先生「侃ちゃん」と呼んでくれて

投稿日 2017-04-07

4月7日 詩人で評論家としてもよく知られる大岡信さんが4月5日逝去されました。安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄の木造校舎2階ギャラリーの廊下に、力強い筆致の大岡信さん直筆の詩がお守りのように架かっているのをご存知の方も多いと思います。
 1997年初夏、アルテピアッツァ美唄オープンから5年、水の広場がようやく完成した年に、アートスペース(旧体育館)で講演会をしてくださいました。「安田侃の彫刻には、ここに永久の時間があるという感じがする。そこに永久の時間があるというだけじゃなくて、時間が絶えずじっと瞑想しているように、生きて息をしているようなところがある」と語り、「名づけ得ぬものへの賛歌 安田侃に」と題した詩を読まれました。「侃ちやん わが友よ」「侃ちやん どつしり重い君の石は・・・」と親しげに語りかける詩です。そして、イタリアの大理石で作られた池で遊ぶ幼稚園児を見て「それがいい」と喜び、彫刻に触ってもよいこの場所を、日本でも珍しいくらいに開かれた、いい芸術広場と評しました。

 大岡信さんと安田侃さんの出会いは、アルテピアッツァ美唄が生まれる前の1985年のこと。イタリアで活躍していた安田侃さんも日本ではまだあまり知られていなかった頃です。大岡信さんの奥様の深瀬サキさんが東京の倉庫画廊上田ウエアハウスでの個展の初日をご覧になり、「とてもいい」とまず魅了され、その後、ご夫婦でファンになられたそうです。

4月7日 安田侃さんの彫刻を「壮麗さにおいても雄大さにおいても比類がない」と表現し、1994年のヨークシャー・スカルプチャー・パーク(イギリス)での安田侃野外彫刻展「大理石とブロンズ」展では、大岡信さんと安田侃さんが一緒に作品を見て回る様子がNHKのテレビ番組「日曜美術館」で紹介されました。作品を次々読み解く大岡さんの言葉には、時に、作者自身も気づいていないことを言い当てるようなところがありました。
 彫刻に寄せた詩を作り、方々にアルテピアッツァ美唄を紹介してくれた大岡信さんの訃報に接し、安田侃さんは、「まだ安田侃とアルテがほとんど知られていない時、確固たる言葉で評価してくださった最初の人」と感謝し、別れを惜しんでいます。安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄スタッフ一同、謹んで哀悼の意を表します。

 4月8日(土)から17日(月)まで、ギャラリー(木造校舎2階)で、大岡信さんが安田侃さんの彫刻やアルテピアッツァ美唄に寄せた詩の数々やアルテピアッツァ美唄での講演会の映像などをご覧いただけます。※11日は休館日

春の気配

投稿日 2017-04-03
4月3日 4月になり、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄でも春を感じられるようになってきました。
 今年は雪が少なかったため、例年よりも早く雪融けが進み、フキノトウが芽吹いているのが見られます。園路の雪はすっかり融け、広場のよく陽の当たる場所ではすでに芝生が顔を出し始めています。芝生はまだ茶色く垂れていますが、これから陽を浴びるとぐんぐん緑が増していき、日ごとに色濃くなっていく姿にはとても生命力を感じます。鹿もエサを求めて活動を始めている様子です。日中はなかなか見られませんが、朝方に向かいの山を歩いていたり、辺りが暗くなってから広場に現れるのをたびたび目撃します。
 冬籠りしていた屋外の彫刻もまもなくお披露目、春の訪れが楽しみです。

北海道新聞に掲載していただきました

投稿日 2017-03-31

3月31日 今日の北海道新聞文化面で「25年かけ生まれた美術館」として安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄を紹介していただきました。アルテピアッツァ美唄のこれまでの歩みと、当学芸員が寄稿した文章が載っています。紙面の中では、安田侃さんのこのような言葉もあります。「アルテピアッツァは、美術館として作られたのではなく、かかわった人、訪れた人のおかげで『美術館が生まれた』といえる。これからも心が休まる空間、自分を見つめ直せる場所であってほしい」と。
 これまでの月日で積み重ねられた多くの「ひとの想い」から生まれたこの安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄を、未来へとつなぎたいと気持ちを新たに明日から新年度を迎えます。もしお手元に北海道新聞の朝刊がありましたら、ぜひご覧いただければと思います。

小学生のための「こころを彫る授業」

投稿日 2017-03-27

3月27日 先週末、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄では「小学生のための『こころを彫る授業』」を開催しました。初めはおそるおそる「削ること」から始める子も、石と向き合う中で、どんどん自分の気持ちが確かになるようで、後半には小さな手でノミとゲンノウを握り、とても力強く彫り続け、「終わりだよ~」の声がかかるまで工房内にはカンカンカン!という音が響き渡りました。

 思い思いの「かたち」に満足する子や「もっと削ってこんな形にしたい!」という子も、活き活きとした表情でこちらまで嬉しくなりました。最後に「また彫りたい」と言ってくれた子も多く、みんなにはこの後もぜひ自分の「こころ」を見つめ、彫り続けて欲しいなと思いました。その他、外にある安田侃さんの彫刻を巡る時間では五感をフルに使い、目をつぶって触れたり、抱きついてみたりして、たくさんのことを感じてもらえたと思います。みんな、また来てね! 3月27日

 そして、4月の「こころを彫る授業」のご案内です。こちらは小学校4年生からでも大人と一緒に参加していただけます。みなさんも自分の「こころ」を形にしてみませんか?
◆日にち:4月1日(土)、2日(日)※1日のみの参加も可能。 ◆時間:10:00~16:00 ◆場所:アルテピアッツァ美唄内ストゥディオアルテ(体験工房) ◆材料費:一般/15,000円(大理石)10,000円(軟石)大学生・高校生/10,000円(大理石)6,000円(軟石)中学生以下/9,000円(大理石)5,000円(軟石)◇アルテ市民ポポロ市民証提示の方は各1,000円割引 ◇翌月以降の授業に継続参加の場合は1日1,200円(アルテ市民ポポロ市民証提示の方は200円割引)。 ◇昼食について:持参していただくか、別途800円で美唄農家のお母さん達による昼食「かあさんの味」をご用意します。授業のお申し込みと一緒にご予約ください。

お申し込みはアルテピアッツァ美唄ギャラリー(0126)-63-3137までお願いします。※毎週火曜日、祝日の翌日は休館日。

※5月の「こころを彫る授業」は第2週目の土日(5/13、14)の開催となります。

1 2 3 4 5 6 155

RSS

PAGE TOP