うんどうかい

投稿日 2017-06-21
6月21日 久しぶりの好天に恵まれた先週の土曜日、美唄市立栄幼稚園では第63回運動会が開催されました。幼稚園の芝のグラウンドには、この日のために刈りそろえて作ったトラックが用意されています。
 プログラムでは、かけっこや大玉ころがし、父母や祖父母が出場する競技などがありました。「チャレンジ!!」では、園児たちが走って跳んでくぐって・・・とゴールへ向かう障害物競走、どの子も一生懸命に乗り越えていきます。次は障害物を変えて、お父さんお母さんが走ったり跳んだり・・・と子どもたちの声援の中、負けじと勝負していました。
 自分の種目も応援もがんばった園児たち、昼食は外で食べる手作りのお弁当。がんばった分、一段と美味しかったんじゃないかな?昼休み後の午後の部も、みんな最後までやりきりました。よくがんばったね~!

BIBAIでアート&京都造形芸術大学教員と北海道OB展

投稿日 2017-06-19

0619-1 先週末より、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄木造校舎2階ギャラリーでは「BIBAIでアート&京都造形芸術大学教員と北海道OB展」を開催しています。
30名の作家による作品がずらりと並んでいます。ジャンルも洋画、日本画、写真、染織、陶芸…様々です。

 17日(土)には、ストゥディオアルテ(体験工房)にて「バスケタリー~籐で籠をつくろう!」というワークショップが行われました。今回の展示にも出品されています、京都造形芸術大学美術工芸学科染織コースの教授・仁尾敬二さんが講師となり、27名の方が参加しました。基礎を習ったあとは、各々集中して制作に取り組みながら、参加者同士で「これであってる?」「うん、そうそう!」と和気あいあいと教え合う場面も。限られた時間の中で、みなさん楽しそうに籐を編んでいらっしゃいましたよ。0617-2

 ワークショップはこの日だけですが、ギャラリーでの展示は6月25日(日)まで行っています。見応えがありますので、どうぞ時間をたっぷりとってお越しください。※20日(火)は休館日です。

晴れた日には

投稿日 2017-06-16

6月16日 今朝から安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄には、抜けるような青空と雲のコントラストが広がっています。
 こんなお天気の良い日には、素足を水につけたり、木々の下に敷物をしいて本を読んだり、のんびり彫刻を眺めたりするのにぴったりです。ぜひ、ゆるりとした時を過ごしにいらしてください。

初夏の知らせ

投稿日 2017-06-14

6月14日 6月に入っても気温が低い日が続いていましたが、ようやく初夏らしい暖かさになってきました。

 安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄には「ギィー、ギィー、ギィー」とセミの大合唱が響いています。夏のイメージが強いセミですが、この「エゾハルゼミ」は初夏のこの時期に一斉に鳴き合います。
 緑が濃く、散策していても気持ちの良い季節です。週末にはコンサートなども開催されますので、ぜひお出かけください。

「ころころキャンドル作り」開催します!

投稿日 2017-06-11
6月11日

昨年のキャンドル点灯の様子

 昨日の閉館後、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄の音の広場に、めずらしく鹿が姿を現しました。この時期は日も長いので、はっきりと見ることができます。

 さて、今月の24日(土)と7月2日(日)の2日間、ストゥディオアルテ(体験工房)にて「アルテで灯すころころキャンドル作り」を行います。牛乳パックに溶かしたロウを入れ、ころころ転がしながら固めて作るキャンドルです。出来上がったキャンドルにクレヨンで好きな絵を描き、約1時間ほどで完成します。完成したキャンドルは、8月13日(日)に開催する「アルテの盆踊り」で水の広場の池や流路に灯します。辺りが暗くなり始めた頃のろうそくの光はとても幻想的で、「アルテの盆踊り」の見どころの一つです。
 申込み不要、参加費無料ですので、小さなお子さんも、大人の方もぜひお気軽にご参加ください。お待ちしています!
■日時      2017年6月24日(土)①10:00集合 ②11:00集合
               7月2日(日)①16:00集合
■料金      無料
■会場      ストゥディオアルテ(体験工房)
■持ち物     あれば1リットル用牛乳パックの切り開いていないもの
■お問合せ   安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄(0126-63-3137)

雨の日

投稿日 2017-06-08

6月8日 安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄は、朝から降ったり止んだりだった雨もようやくあがりました。雨のおかげで空中の塵が洗われ、とても澄んだ空気が広がっています。
 このような天気だと散策しているお客様は少ないので、広場は少し物寂しく感じます。ですが、そこからあえて小道に入ってみると、不意に彫刻があらわれることがあります。その出合いには一瞬、はっとさせられますが、同時に久しぶりに人に会えた安心感のような、温かい気持ちにもなれます。
 雨の日だからと諦めずに、思い切って散策してみませんか?もしかしたら新しい出合いがあるかもしれません。

第27回アルテの森語り

投稿日 2017-06-05

第27回アルテの森語り  季節の節目に行っている朗読会「アルテの森語り」を、6月24日(土)に開催します。27回目の今回は夏至の頃に合わせて行います。
 朗読は磯田憲一さん、ゲストはいずれも北海道教育大学岩見沢校の出身・在籍の塩谷真央さん(ヴァイオリン)、垣原遥愛さん(ヴァイオリン)、林由里子さん(フルート)です。過去に森語りで素敵なチェロの演奏を披露してくださった、フリーデリケ・キーンレさんが指導したご縁で、3名をお迎えすることができました。日の長い夜、静かなカフェで朗読と音楽のひと時をお楽しみください。終演後の交流会では、匠の会のみなさんによる「手打ちそば」が振舞われます。
 また、同じ日には「popoloミーティング」も開催されます。ぜひ、あわせてご参加ください。お待ちしております。
■ 日時: 2017年6月24日(土)開演17:30~
*終演後交流会があります、持ち込み大歓迎*
■ 場所: 安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄 カフェアルテ(美唄市落合栄町)
■ 出演: ○朗読:磯田憲一さん/藤沢周平著「約束」○演奏:塩谷真央さん(ヴァイオリン)、垣原遥愛さん(ヴァイオリン)、林由里子さん(フルート)
■ 料金: 2,000円(手打ちそば付き)
■ 定員: 40名・予約制 *定員になり次第締め切らせていただきます。なお、未就学児童のご入場はご遠慮願います。
■ ご予約・問合せ:安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄 0126-63-3137 (火曜休館 9:00~17:00)

「いとう写真館写真展 あたりまえの宝物~ひとびとの肖像図鑑~」開催中です

投稿日 2017-06-02

6月2日

 今日はパッとしない曇り空ですが、栄幼稚園の園児たちは芝のグラウンドで元気いっぱい、再来週の運動会の練習をしていました。

 さて、ただ今、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄木造校舎2階ギャラリーでは「いとう写真館写真展 あたりまえの宝物~ひとびとの肖像図鑑~」を開催中です。いとう写真館は、全国各地で家族写真を撮影する活動を2005年から開始し、昨年のお盆にはアルテピアッツァ美唄でも開催されました。
 展示室にはカメラマンの伊東俊介さんがこれまで撮影してきた家族写真が展示されています。すべてモノクロで撮られた写真からは、日々の様子や暮らしが伝わって来そうなほど、自然体の家族が映し出され、家族の信頼関係も感じられます。中には、2005年から毎年撮影している方の写真が年代順に並べられ、その家族の歴史を一目で見られるような展示もあります。ぜひご家族でご覧ください。会期は6月11日(日)まで。6日(火)は休館日です。

アルテ〇〇の学校 第9回マルマルは(古)(民)(家)

投稿日 2017-05-29

5月29日 5月27日(土)、「アルテ〇〇の学校 第9回マルマルは(古)(民)(家)」をストゥディオアルテ(体験工房)で開催しました。あいにくの雨でしたが、定員いっぱいの方々が全道各地から参加してくださいました。

 ゲストは、良質な北海道の民家などを保存・再生し、次の世代へと繋げていく活動をされている「NPO法人北の民家の会」の北島詳三さん。はじめは、北島さんが古民家再生に携わるきっかけとなった「古民家再生塾」のお話から。続いて、民家再生に取り組む意義について、伝統的木造建築の素晴らしさに触れたり、先人の大工さんの巧みな技を知ることや民家の歴史から地域の歴史を知ることができたりと、古民家を通じて様々なことが見えてくるようです。
 後半は、実際に古民家が発見され、解体、保存、再生されるまでの一連の流れを解説してくださいました。また、再生事例を写真付きで紹介していただきながら、時折北島さんから「これは何に使うか分かりますか?」と参加者のみなさんに問いかける場面もありました。5月29日
 新たな施主に出合うことで再生される古民家は、「まさに渡りに船」とおっしゃる北島さんですが、北海道の貴重な木材で作られた伝統的な建造物の価値を理解してもらい、広めていくことが大事ともおっしゃります。終了後、参加者からは「北海道にもこんなに民家があるんですね」「民家を見る目が変わりました」と、まさに古民家の価値が広まったのではないでしょうか。北島さん、貴重なお話ありがとうございました。

 「アルテ〇〇の学校」、次回は(ア)(ス)(パ)(ラ)です!7月29日(土)の開催を予定しています。詳細が決まりましたら、ホームページやこちらのブログなどでお知らせしますので、お楽しみに。

アルテの生き物たち

投稿日 2017-05-27
5月27日 今日の安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄はあいにくの天気ですが、雨のアルテを写真におさめようと、カメラを構えている方もいらっしゃいます。
 最近、朝や夕方、敷地内にひょっこり動物たちが姿を見せることがあります。この前はリスが木々を巡りながらえさを探し回っている様子を目撃しました。閉館後のひと気のなくなった広場には、周りを警戒しながら野ウサギやキツネが顔を出すこともあります。
 耳を澄ましていると「ホーホケキョ」というウグイスの鳴き声や、北海道で一番最初に鳴くセミ「エゾハルゼミ」の鳴き声を聴くことができます。草木はますます緑が濃くなり、アルテの生き物たちも活発になってきているようです。
1 2 3 4 5 6 157

RSS

PAGE TOP