第28回アルテの森語り、開催します

投稿日 2017-11-23

第28回森語り 年に2回、季節の節目に開催しています朗読会「アルテの森語り」。次回はゲストに、チェロ奏者のフリーデリケ・キーンレさんと鈴木友美さんをお迎えし、冬至の頃にあわせ、12月23日(土・祝)に行います。
 終演後の交流会では、年末恒例となりました「餅つき」を行います。つきたてのお餅をほおばりながら楽しいひと時を過ごしませんか?冬至かぼちゃもご用意しています。みなさま、お誘い合わせのうえお越しください。
 ご予約・お問い合わせは、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄 0126-63-3137まで。

■日時    2017年12月23日(土・祝)16:30~
*終演後交流会があります。持ち込み、差入れ大歓迎*
■場所     カフェアルテ
■出演    ○朗読:磯田憲一さん/藤沢周平著「雪明かり」 ○演奏:フリーデリケ・キーンレさん(チェロ)、鈴木友美さん(チェロ)
■料金    2,000円(冬至かぼちゃ付き)
■定員    40名・予約制
■ご予約・問合せ   安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄 0126-63-3137

※当日は、会場準備の為、カフェアルテの営業時間を16時までとさせていただきます。

温かいかぼちゃスープはいかがですか

投稿日 2017-11-20

11月19日 安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄のカフェアルテでは、前回こちらのブログでもお知らせしました冬の限定メニューの提供が始まっています。 
 美唄の農家さんから仕入れたかぼちゃ「ぬくもり」を使用した甘くてコクのある「かぼちゃスープ」、彫刻散策のあとのホっとひと息にいかがですか?薪ストーブを焚いてお待ちしています。
 なお、本日20日(月)から冬期営業に入ります。平日はいつもより1時間早い16時閉店となりますのでお間違いのありませんよう。

※11月24日(金)は、祝日の翌日のため休館日です。同様にカフェアルテもお休みします。

栄幼稚園「はっぴょうかい」

投稿日 2017-11-18

1118 今日の午前中、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄内木造校舎1階にある美唄市立栄幼稚園では「第63回はっぴょうかい」がありました。一生懸命練習した歌やダンス、劇を保護者や祖父母のみなさんの前で披露する日です。
 もも組さんによる劇「どうぞのいす」は、絵本が原作となっています。たくさんの絵本の中から「どんな劇がいいかな?」と園児たちが選んで決めたとのこと。本番は、みんなちゃんとお客さんの方を見ながら、覚えたセリフや歌をしっかりと披露していましたよ。プログラムを終えて、大きな拍手をもらった嬉しさと終ってホッとした気持ちが混じったような、満足そうな笑顔で控え室に戻っていく姿も印象的でした。
 木造校舎2階ギャラリーにいると、1階にある幼稚園の音が聞こえてきます。ここしばらくの間、園児たちの大きな歌声やダンスをする「ダンダンダン!」という元気な足音が聞こえていました。いっぱい練習した成果をたくさんの人に見てもらえて、園児たちは嬉しかったでしょうね~幼稚園の先生方、PTAのみなさんもお疲れさまでした!

インスタグラムフォトコンテストの入賞作品決定!

投稿日 2017-11-15

 2017年7月1日~8月31日の期間に募集した安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄インスタグラムフォトコンテストの入賞作品が決まりました!当コンテストは写真のモチーフを「安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄」とし、ここで過ごして、出会い、見つけた、その”瞬間”を切り取った写真を募集いたしました。応募は約600枚、参加してくださった皆さま、ありがとうございました。

 アルテでは初の試みとなったこの”フォトコンテスト”。審査員は彫刻家・安田侃さんです。
「一枚一枚、写真を何度も見て、時間をかけて”好きな写真”を選んだ」とのこと。
選ばれたのは下記の作品です。

インスタ入賞作品
 最優秀賞のhromi44topeさんには、右写真の賞品をお届けいたしました。

 入賞作品をはじめ、投稿していただいた写真を展示する「安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄 インスタグラムフォトコンテスト写真展」を、アルテのギャラリー(木造校舎2階)で開催いたします。ぜひお越しください。(会期などはこちら

 次回、インスタグラムフォトコンテストの募集期間は2017年12月1日(金)~2018年1月31日(水)です。応募概要などはこちらをご覧ください。
あなたが冬のアルテピアッツァ美唄で過ごし、出会い、見つけた”瞬間”を教えてください。今回も審査は安田侃さんです。たくさんのご投稿お待ちしています。

カフェアルテ冬期営業時間のお知らせ

投稿日 2017-11-12

11月12日 カフェアルテの窓から見える「音の広場」にたつ彫刻「真無」も、冬にそなえて冬期用の白いシートに包まれました。
 先日、栄幼稚園の子どもたちが楽しそうに広場を駈けていく姿を見ました。「春までバイバイ、またあそぼ~!」と彫刻に向かって声を掛ける子どもたち。どうやら冬篭りの準備ができた彫刻にあいさつしに来てくれたようです。

 そんな冬間近のカフェアルテでは、11月18日(土)より、毎年ご好評いただいております「かぼちゃスープ」の提供を始めます。牛乳の甘さを感じられる冬期限定メニューの「ホットミルク」もご用意していますのでぜひお試しください。そして、20日(月)から冬期営業時間に変わります。平日は16:00までの営業となりますのでお間違えありませんよう。

<冬期営業時間>
 ◆平日 : 10:00~16:00   ※土日祝は、変更なく、10:00~17:00で営業します。

<冬期限定メニュー>
 ■かぼちゃスープ(ポコポコぱん2コ付き) … 700円
 ■かぼちゃスープセット(ポコポコぱん2コ+お好きなドリンク1つ) … 1,100円
 ■ホットミルク … 500円

彫刻を未来に

投稿日 2017-11-09

1109-1 雨のたびに葉が落ちて、最後まで残っていたプラタナスの葉もわずかとなりました。

 遠目ではわかりにくいですが、冬に備えて、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄にある屋外彫刻には、保護用の白いシートがかけられました(一部ブロンズ彫刻を除く)。また、シートをかける前にイタリア国家認定文化財修復士の資格を持つアルテスタッフがひとつひとつ、彫刻の状態チェックを行いました。傷や染みが付いた部分、錆が出ている部分などを写真に撮ったり、メモしたりしながら集めた詳細な記録は、アルテを守っていくための重要な情報のひとつとなります。
 しばらく白大理石の彫刻に触れられないのは寂しいですが、北海道の厳しい冬を何度も越えて、ずっと先の未来に彫刻を残していくためには大切なことです。次の春、彫刻たちが姿を現すのは4月末頃を予定しています。
 ギャラリー(木造校舎2階)やアートスペース(旧体育館)の中の作品は、冬の間も変わらずにご覧いただけます。どうぞお立ち寄りください。

カレンダー好評発売中!

投稿日 2017-11-06

11月6日 今年も残すところあと2ヶ月ですね。来年のカレンダーの準備はすでにお済みですか?

 安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄の2018年カレンダーが発売中です。「アルテ以外でも買えますか?」とお問合せいただきますが、札幌市内の大型書店、美術館などでも取り扱っていただいています。
 気になるけど、実物を見てみたい。という方はぜひ取扱店で手にとって見てみてくださいね。価格も1,000円(税込)とお求め安くなっていますのでプレゼントなどにもいかがでしょうか。
 カレンダーの詳細や郵送希望の方はこちらから。

□カレンダーお取り扱い店舗(11月1日現在)
・美唄市内:アルテピアッツァ美唄BOOKsコア(コアビバイ内)ピパの湯ゆーりん館
・札幌市内:紀伊国屋書店 札幌本店大丸藤井セントラル北海道立近代美術館ミュージアムショップMARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店札幌芸術の森美術館

「Eishin Nose + Shota Koyama Special Duo, First time meeting.」

投稿日 2017-11-04
11月4日 11月3日(金・祝)、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄アートスペース(旧体育館)では、ジャズライブ「Eishin Nose + Shota Koyama Special Duo, First time meeting.」が行われました。ニューヨーク在住のピアニスト、野瀬栄進さんはアルテピアッツァ美唄で何度かライブを開催されていますが、今回はドラマーで札幌を拠点に活動している小山彰太さんとのデュオライブです。
 ライブの1曲目は2人による即興演奏。呼吸を合わせながらその場で音楽が創られていきます。場面が変わるようにリズムが変化し、力強く、時には優しく余韻を残すように展開していきました。打ち合わせなしだという30分の演奏は途切れることなく、時間を忘れてしまう程でした。
 2曲目からは野瀬さんの作曲した曲に小山さんのドラムが加わったセッションです。北海道をテーマに制作した曲や、小気味良いリズムの楽曲など、お客さんは自然に体を揺らして聴き入っていました。2人の全身を使った迫力ある演奏には歓声が上る場面もあり、1時間半のライブはあっという間に終わりました。
 これから野瀬さんはデュオやソロで北海道各所をはじめ、東京や東北などでもライブを予定されています。興味のある方は野瀬さんのHPをご覧ください。

冬支度

投稿日 2017-11-01

11月1日 11月に入って紅葉も終わりに近づいています。カフェアルテの裏には深紅色のもみじとイチョウの葉のじゅうたんができていますが、このじゅうたんもそろそろ見納め。いよいよ本格的に雪の季節を迎えます。
 
 さて、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄は冬の間も開館していますが、屋外の大理石作品には雪から作品を保護するためのシートがかけられ、「水の広場」もあわせて冬篭りに入ります(一部のブロンズ作品は冬の間もご覧いただけます)。
 また、「カフェアルテ」では「かぼちゃスープ」(冬期限定)をお出しするために、ただ今仕込みの真っ最中です。今年のかぼちゃも甘くてほくほくですよ。お楽しみに。

11月の「こころを彫る授業」

投稿日 2017-10-29

10月29日 訪日外国人向けの旅行サイト「ジャパンホッパーズ」で「こころを彫る授業」の体験レポートを掲載していただきました。どんな授業なの?と興味をもたれていた方、ぜひご覧ください。
「炭鉱と彫刻の街、美唄で体験する『こころを彫る授業』とは」(ジャパンホッパーズ)
https://www.japanhoppe
rs.com/ja/features/leisur
e/418/

 11月の「こころを彫る授業」は、4日(土)、5日(日)の開催です。小学4年生以上なら、どなたでも参加できます。(詳細については、こちら。)

◆日にち:11月4日(土)、5日(日)※1日のみの参加も可能。 ◆時間:10:00~16:00 ◆場所:安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄内ストゥディオアルテ(体験工房) ◆材料費:一般/15,000円(大理石)10,000円(軟石)大学生・高校生/10,000円(大理石)6,000円(軟石)中学生以下/9,000円(大理石)5,000円(軟石)◇アルテ市民ポポロ市民証提示の方は各1,000円割引 ◇翌月以降の授業に継続参加の場合は1日1,200円(アルテ市民ポポロ市民証提示の方は200円割引)。 ◇昼食について:持参していただくか、別途800円で美唄農家のお母さん達による昼食「かあさんの味」をご用意します。3日前までに授業のお申し込みと一緒にご予約ください。

お申し込みは、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄ギャラリー TEL 0126-63-3137 まで。※毎週火曜日、祝日の翌日は休館日。

1 2 3 4 5 6 163

RSS

PAGE TOP