彫刻家・安田侃について

1945年北海道美唄市生まれ
1970年渡伊。ローマ・アカデミア美術学校で学び、以降、大理石の産地として知られるトスカーナのピエトラサンタにアトリエを構え、大理石とブロンズによる彫刻の創作活動を始める。

主な個展など

1991年 「彫刻の道」展、ミラノ(イタリア)
2000年 「街における彫刻」展、フィレンツェ(イタリア)
2001-02年 「安田侃野外彫刻」展、東京都庭園美術館
2002年 第15回村野藤吾賞受賞(対象アルテピアッツァ美唄)
2003年 「安田侃の世界 天にむすび、地をつなぐ」展、北海道立近代美術館及びアルテピアッツァ美唄
2005年 「人生を愛することは、平和を作ることだ」展、アッシジ(イタリア)
2007-08年 「時に触れる」展、ローマ(イタリア)
2011年 「時に触れる」展、トリノ(イタリア)
「街に触れる」展、札幌
2011-12年 「現代の神話」展、タオルミーナ(イタリア)
2016年 「Touching Time」展、クリスティーズ、ニューヨーク(アメリカ)
「時に触れる」展、ピサ(イタリア)
2017年 「Between Sky and Water」展、アマン・ヴェニス、 ヴェネツィア(イタリア)

主なモニュメント設置場所

東京ミッドタウン、東京国際フォーラム、三菱商事本社ビル(東京)、札幌駅JRタワー、札幌コンサートホールKitara、北海道知事公館、洞爺湖畔、創成川公園、旭川駅、東川小学校(北海道)、ベネッセアートサイト直島(香川)、トラヤヌス帝の市場(ローマ・イタリア)、ボーボリ庭園(フィレンツェ・イタリア)、ガラチーコ(カナリア諸島・スペイン)、オーロラプレイス(シドニー・オーストラリア)、シティーガーデン(セントルイス・アメリカ)、ブリッジウォーターホール(マンチェスター・イギリス)

ガラチーコ(カナリア諸島、スペイン)
ガラチーコ(カナリア諸島、スペイン)
札幌駅JRタワー(北海道)
札幌駅JRタワー(北海道)
ブリッジウォータホール(マンチェスター、イギリス)
ブリッジウォータホール(マンチェスター、イギリス)
トラヤヌス帝の市場 – フォロ・ロマーノ(ローマ、イタリア)
トラヤヌス帝の市場 – フォロ・ロマーノ(ローマ、イタリア)
東京国際フォーラム(東京)
東京国際フォーラム(東京)
渋谷区文化総合センター大和田(東京)
渋谷区文化総合センター大和田(東京)
北海道知事公館(北海道)
北海道知事公館(北海道)
ベネッセアートサイト直島(香川)
ベネッセアートサイト直島(香川)

受賞歴

1992年 芸術選奨文部大臣新人賞受賞
2001年 プッチーニ特別賞受賞
2002年 井上靖文化賞、村野藤吾賞受賞
2003年 トスカーナ州知事特別賞
2006年 イタリア連帯の星勲章コッメンダトーレ章
2009年 伊日財団主催Japan Awards賞
2010年 第64回北海道新聞文化賞(社会部門)
プッチーニ財団 ジャコモ・プッチーニ賞
平成22年度文化庁長官表彰
2015年 北海道功労賞