Event/イベント情報 一覧へ

アルテピアッツァ美唄25周年「安田侃のまなざし展」

まなざし展彫刻家・安田侃氏と他4名の作家によるコラボレーション展です。

「言葉を超えた何かを追い求めるまなざしの先人とのコラボレーションは、私にとって新しい創造への道と勇気を与えてくれそうで、いまからドキドキしています」
安田 侃

■会期     2017年10月7日(土)~10月16日(月) 火曜日休館
■場所     展示室 A、B
■料金     無 料(任意の寄附をお願いします)

■主 催    アルテピアッツァ美唄25周年記念事業実行委員会
■協 力    安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄

<出展作家>

柚木沙弥郎(染色家、1922〜)
東京都生まれ。民藝運動の提唱者、柳宗悦との出会いをきっかけに、後に人間国宝となる染色工芸家、芹沢銈介に師事。染色家の道を志す。以降、日本における型染の第一人者として、現在に至るまで制作を続け、多くの個展はじめ、絵本、インテリアなど他業種との共同制作も多数発表。

中野北溟(書家、1923〜)
北海道羽幌町焼尻島生まれ。近代詩文書の父と呼ばれる金子鷗亭に師事、書の道を究める。北海道を想起させる作品が多く、北海道を代表する詩人の河邨文一郎や原子修の作品も多く書いていて詩人からも高い評価を受けている。

吉田喜彦(陶芸家、1936〜)
栃木県宇都宮市生まれ。益子の濱田庄司に弟子入りを願うも、夫人の希望により暫く他で学ぶこととなる。1956年、美濃焼の荒川豊蔵に師事し、12年後に独立。伝統的技法を用いながらも現代性を盛り込んだ独特で穏やかな佇まいの陶器は、日本、海外からも高く評価されている。

関野晃平(漆芸家、1943〜2014)
神奈川県藤沢市生まれ。多摩美術大学でデザインを学び、デザイナーとして就職するも、木・漆工芸家の黒田辰秋の作品に出会い1969年に弟子入り。乾漆・螺鈿の漆器を制作。1981年独立。無名であることに徹し、独自の道を歩む。白洲正子に「現代の“漆芸”では一番の人」(『風花抄』1966年世界文化社)と評された。

安田侃(彫刻家、1945〜)
北海道美唄市生まれ。1969年に東京藝術大学大学院彫刻家修士課程修了後、イタリア政府招聘留学生として渡伊。大理石の産地として知られるトスカーナのピエトラサンタにアトリエを構え、大理石とブロンズによる彫刻の創作活動を続ける。

アルテ〇〇の学校 第11回マルマルは(本)(屋)

Print「アルテ〇〇の学校」は、誰もが参加できる、小さな発見の場です。
毎回、様々なテーマでゲストを招き、お話を聞きます。

第11回マルマルは(本)(屋)

ゲストに、福岡の書店「ブックスキューブリック」の店主・大井実さんをお招きします。
街の本屋でありながら、毎週のようにトークを行い、アートを展示し、パンを作り、コーヒーを出し、全国のブックイベントの先駆けであるイベント「ブックオカ」の中心となる。そんな本屋「ブックスキューブリック」を作った大井さんの原点は、安田侃のマネージャーとして、ミラノやヨークシャースカルプチャーパークの展覧会に携わったことだとか。
イタリアでの体験がどう本屋につながるのか、多彩な話題に興味がつきません。

■日 時:2017年9月23日(土)15:00~(受付14:30~)
■場 所:ストゥディオアルテ 美唄市落合町栄町 アルテピアッツァ美唄内
■参加費:ひとり1200円(ポポロ※1000円)
※「アルテ市民ポポロ」については、こちらをご覧ください。
交流会参加の場合、+800円
■定 員:30名 予約制
■予 約:電話にてご予約ください。
安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄 0126-63-3137(9:00~17:00 火曜休)

大井実さんゲスト 大井実(おおいみのる・ブックスキューブリック店主)
1961年福岡市生まれ。同志社大学文学部卒業。東京、大阪、イタリアなどで、ファッション関係のショーや現代美術の展覧会などの企画・制作に携わった後、2001年、福岡市のけやき通りに新刊書店ブックスキューブリックを開業。06年、いまや全国各地に広がるブックイベントの先駆けとなった「ブックオカ」を有志とともに立ち上げ、実行委員長を務める。08年に、カフェとギャラリーを併設する箱崎店をオープン。16年には同店内にベーカリーを開設。トークイベントや展覧会を次々に開催しながら、本を媒介に、人が集い、町と人をつなぐコミュニティづくりへと活動の枠を広げている。2017年1月に「ローカルブックストアである 福岡 ブックスキューブリック」(晶文社)を上梓。

アルテピアッツァ美唄25周年「安田侃ブロンズ展―時をつなぐ」

安田侃ブロンズ展チラシ表昭和24年、炭鉱で栄えていた北海道美唄市の炭鉱住宅街につくられた旧美唄市立栄小学校は、炭鉱閉山後の昭和56年に閉校しました。当美術館は、その体育館をアートスペースに改修、屋外に彫刻5点を設置してスタートし、25年の時を重ねた現在、敷地は広がり40点余りの作品が屋内外に点在しています。
美唄市と美唄市出身の彫刻家・安田侃によって今もなお創られ続け、炭鉱で栄え、衰退していったこの土地の記憶・人々の思いを受け止め、今も多くの人たちの思いが積み重ねられている空間です。そうしたかけがえのない空間を未来へと繋いでいく展覧会です。

主催:安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄、共催:美唄市、助成:芸術文化振興基金

■会期      2017年8月23日(水)~10月6日(金) 火曜日休館
■場所      安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄
■料金      無 料(任意の寄附をお願いします)

会期中、安田侃氏による講演会があります。詳しくは、こちらをご覧ください。

■協賛 (敬称略・順不同)
医療法人社団神谷レディースクリニック
株式会社美唄自動車学校/株式会社岸本組/広瀬建設工業株式会社/株式会社ハウジングさいとう/村松法律事務所/学校法人光塩学園/有限会社JustEnglishPress/株式会社アトリエブンク/北海道クリーン・システム株式会社/武部建設株式会社/東戸公認会計士事務所/玉田産業株式会社/山口物流株式会社/原田喜美子/原田始彦
寿楽/ふぁみり~れすとらん仙中里/株式会社佐藤工務店/株式会社アンビックスピパの湯ゆ~りん館/ジェイ・アイ・エクスチェンジ株式会社/株式会社ミウラ商会/焼とりたつみ/やきとり福よし/株式会社ピポリー技研製作所/レストラン藤観光/株式会社北海道銀行/株式会社北洋銀行

インスタグラムフォトコンテスト

インスタチラシ表安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄で撮影したあなたの「お気に入り」の写真をインスタグラムから
ハッシュタグ「#artebibai2017」で投稿しましょう。
写真のモチーフは「安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄」です。
彫刻家・安田侃氏が審査員になり、最優秀賞、優秀賞を選出します。
さらに、投稿いただいた写真から安田侃氏がセレクトした写真をギャラリー及びカフェで紹介、展示いたします。
あなたがアルテピアッツァ美唄で過ごして、出会い見つけた”瞬間”を切りとった写真のご応募をお待ちしています。

〈コンテスト概要〉
■応募期間  ①2017年7月1日(土)~8月31日(木) ②2017年12月1日(金)~2018年1月31日(水)
■当選発表  ①2017年9月下旬予定 ②2018年2月下旬予定
※当選は当ホームページにて発表します。
当選者さまにはインスタグラムダイレクトメールを通じて個別に連絡いたします。
■応募規約 画像をクリックし、応募規約をお読みください。
■応募資格 応募規約に同意していただいた方

アルテ定時ガイドツアー

毎週土曜日にアルテピアッツァ美唄の中をスタッフがご案内します。
予約不要ですので、どなたでもお気軽にご参加ください。

■日   時:毎週土曜日10時~※2017年度は4月29日より開催します。
■ 集合場所:アートスペース(旧体育館)前
※天候等により、予告なしに中止する場合があります。ご了承ください。

清掃ボランティア「クリーン会」

毎週土曜日8:30~10:00の間、ゴミや落ち葉を集めたり、雑草を抜いたりして、みんなの広場「アルテピアッツァ美唄」をきれいにしましょう。朝の風が心地よい時間です、軍手を持ってご参加ください!お待ちしています。
※今シーズンは4/29(土)より行います。

■日時:毎週土曜日8:30~10:00(ご都合いい時間にお越しください)※雨天中止
■集合場所:アルテピアッツァ美唄アートスペース前に当日のクリーン場所掲示しています
■持ち物:作業に適した服装、軍手

こころを彫る授業

白大理石か軟石を使って、自身のこころを彫ることに挑む授業です。 詳しくは、こちらをご覧ください。

 ■次回開催:2017年9月2日(土)、3日(日)

        2017年10月7日(土)、8日(日)
             いずれも10時~16時

■「こころを彫る授業」は毎月第一土日に開催しています。 各3日前までにお申し込みください。
※都合により、日程が変更になる場合もあります。

News 一覧へ

安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄2018年カレンダー予約受付中!

2018カレンダー安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄2018年 カレンダーの予約を開始しました。【※10月上旬完成予定】

2018年カレンダーは、安田侃氏の彫刻「妙夢」と「天聖」「天モク」をピックアップしました。表紙は、アルテピアッツァ美唄にあるブロンズの「妙夢」。その他、札幌駅や国内外の展覧会に展示された「妙夢」と「天聖」「天モク」が2ヶ月に1ページ楽しめます。2つの代表的な彫刻をピックアップしていますが、置かれる空間や季節などでどの作品も表情が違って見えます。
飾りやすいサイズになりました。ぜひお買い求めください。
また、100部以上で名入れ(料金別途・10月中旬締切)もできますので、社名・団体名等を入れて、年末のご挨拶にお配りになるのはいかがでしょうか。詳しくはお問合せください。

■発売日:10月上旬(予定)
■価 格:1,000円(税込)
■内 容:「妙夢」と「天聖」「天モク」の写真6ページ(2ヶ月1ページ)+表紙+テキストページ
■サイズ:B5(182㎜×257㎜)※開いた場合(182㎜×514㎜)
■送 料:全国一律200円
※順次、札幌、美唄市内等の一部書店や美術館でもお取り扱い予定です。

-ご注文方法-
電話でのご注文のほか、「名前」「ご注文部数」「おところ」「電話番号」を 明記の上、下記FAX&メールでも承っております。 カレンダー入荷次第、発送いたします。お支払いは、カレンダーに同封します郵便振替用紙をご利用ください。 また、知人へのプレゼントなど、他のお送り先への郵送も可能です。

■お申込み・お問合せ:
安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄ギャラリー TEL/FAX:0126(63)-3137  mail:arte@artepiazza.jp
(9:00-17:00、火曜休館)

「アルテの盆踊り」、雨天中止になりました up 8/14

8月13日(日)(雨天時は14日に順延)に予定しておりました「アルテの盆踊り」ですが、
13日、14日雨天のため、中止とさせていただきました。ご了承ください。

また、盆踊りの時に灯す予定でした「ころころキャンドル」は、8月27日(日)17時半から灯します。
みなさまぜひお越しください。

アルテピアッツァ美唄内「水の広場」清掃日について up 8/2

アルテピアッツァ美唄内「水の広場」に敷き詰められている白大理石を
美しく保つため、シーズン中は清掃日を設けています。ご了承ください。
8月、9月の清掃日は以下のとおりです。

■ 8月7日 (月)・8日(火)/21日 (月)・22日(火)
■ 9月4日(月)・5日(火)/25日 (月)・26日(火)

清掃日は変更になることがあります。アルテピアッツァ美唄0126-63-3137まで
お問い合わせください。

インフォメーション

アルテピアッツァ美唄25周年記念コンサート アルテ文庫(アルテピアッツァ美唄に、小さな図書館をつくりませんか?) こころを彫る(無心に石を彫っていくと、いつしか自分の心に出会います。) ポポロになる(アルテを心のふるさとに。いつでも帰ってきてください。) Blog アルテの日々 Cafe Arte

ボランティア募集中

アルテピアッツァが好きな方、アルテピアッツァに関わってみたいという方は、ぜひ事務局までご連絡ください。

詳しくはこちら

PAGE TOP