Event/イベント情報 一覧へ

コンサート 僕の歌は君の歌 vol.2

4/16に続き、今回はピアニストとして全国で活躍する齊藤 桃子さん、シンガーソングライターのなかにしりくさん、ギタリストの岸孝志さんが出演するコンサートです。

■日時 2016年5月29日(日)18:00開場、18:30開演 
■料金 前売2,500円 当日3,000円(1ドリンク付) 
■会場 アルテピアッツァ美唄 ストゥディオアルテ
■チケット予約 電話0126-63-3137(アルテピアッツァ美唄ギャラリー)
メール takashiom18◎gmail.com(◎を@に換えてご利用ください)
※件名は「5/29チケット予約」、本文にお名前(フルネーム)、連絡先電話番号、予約枚数を明記して下さい。枚数の記載が無い場合、1枚として受付致します。
受付後、折り返し受付完了のメールを送らせていただきます。

■主催 お問合せ Precious(岸)
メ―ルtakashiom18◎gmail.com (◎を@に変えてご利用ください)
※会場についてはアルテピアッツァ美唄(0126-63-3137)へお問い合わせ下さい。

てくてく美唄炭鉱―東美唄フットパス編―

てくてく美唄炭鉱は、かつて炭鉱で栄えていた地区の、今もその場所にある建物はもちろん、今はなくなった建物の跡をその土地を知る人と歩き、その場所の記憶や思いを参加者と共有する企画です。
東美唄フットパス編では、美唄鉄道廃線後に整備された美唄サイクリングロードを歩きます。
歩く距離は往復約10km、ピクニック感覚で一緒に歩きませんか。
ルート 旧東明駅~ 我路ファミリー公園(お昼休憩)~旧東明駅
※自然状況によるルート変更の場合有り 

■日時 2016年5月22日(日)10時東明駅集合(15時頃終了予定)
■集合場所 旧東明駅(美唄市東明5条2丁目)
     ※駐車スペース有
     ※美唄ICからアルテ方面へ車で5分
■参加料金 500円(当日のイベント保険代など)
■持ち物 お昼ご飯、飲み物、雨具(外を歩く服装でお越しください)
※ 小雨決行、 荒天時中止 判断は当日朝8時に致します(0126-62-0808)
■協力 東明駅保存会

クリーン会(薪運び)

カフェアルテの薪ストーブで使う薪を用意します。
機械で割った薪を、運んで積み上げる作業を下記の日程で行っていますのでお手伝い下さい。
よろしくお願い致します

■日   時: 5月21日(土)10:00~12:00(雨天中止)
        ※8:30~10:00はクリーン会を行っています
        ※ご都合のいい時間に参加下さい
■ 作業 場所: アルテピアッツァ美唄ストゥディオアルテ(体験工房)付近
■問 合 せ: 安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄  (0126)63-3137 

さくら・いろいろ

北海道内の桜を撮影した写真の展覧会です。

■会期      2016年4月28日(木)14時~5月8日(月)15時まで
■場所      展示室 A
■料金      無 料

こころを彫る授業

白大理石か軟石を使って、自身のこころを彫ることに挑む授業です。 詳しくは、こちらをご覧ください。

 ■次回開催:2016年5月7日(土)、8日(日) 
         2016年6月4日(土)、5日(日) 
             いずれも10時~16時

■「こころを彫る授業」は毎月第一土日に開催しています。  ※都合により、日程が変更になる場合もあります。

News 一覧へ

TV放送のお知らせ

4/29(金)から3日間開催した安田侃の「こころを彫る授業」の際にHBC北海道放送が安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄を取材してくださいました。安田侃氏へのインタビューも撮影されておりました。
5月3日、放映予定です。
※ニュースなどで放送日が変更になる場合がございます。ご了承ください。
■番組名: HBC北海道放送「今日ドキッ!」内
          18時台「もうひとホリ」のコーナー

 

安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄内「水の広場」清掃日について up 5/1

アルテピアッツァ美唄内「水の広場」に敷き詰められている白大理石を美しく保つため、シーズン中は清掃日を設けています。
5月、6月の清掃日は以下のとおりです。

■ 5月16日(月)・17日(火)

■ 6月6日(月)・7日(火)、27日(月)・28日(火)

清掃日は変更になることがあります。安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄0126-63-3137までお問い合わせください。 

アルテ通信27号巻頭文、全文公開します up 4/14

年に2回、安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄の
“今”を伝えるために発行している「アルテ通信」27号を、4月15日から配布開始します。
巻頭に掲載される、マーク・ブラジルさんの文章(日・英)を下記で全文公開いたします。

【原文】
Inspiration and a Visual Feast await visitors to Arte Piazza, Bibai」(PDF) 
Mark Brazil

【日本語訳】(翻訳:黒澤優子)
心躍る至福の芸術空間が人々を待つ、アルテピアッツァ美唄」(PDF)
マーク・ブラジル

インフォメーション

アルテ文庫(アルテピアッツァ美唄に、小さな図書館をつくりませんか?) こころを彫る(無心に石を彫っていくと、いつしか自分の心に出会います。) ポポロになる(アルテを心のふるさとに。いつでも帰ってきてください。) Blog アルテの日々 Cafe Arte

ボランティア募集中

アルテピアッツァが好きな方、アルテピアッツァに関わってみたいという方は、ぜひ事務局までご連絡ください。

詳しくはこちら

PAGE TOP