イベント

その他イベントインスタグラムフォトコンテスト2018

インスタチラシ2018 安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄で撮影したあなたの「お気に入り」の写真をインスタグラムから、ハッシュタグ「#artebibai2018」で投稿しましょう。写真のモチーフは「安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄」です。ベストショット賞に選ばれた方へ、当館オリジナルグッズをプレゼントします。
 あなたがアルテピアッツァ美唄で過ごして、出会い見つけた”瞬間”を切りとった写真のご応募をお待ちしています。

〈コンテスト概要〉
■応募期間  ①2018年4月1日(日)~2018年9月30日(日) ②2018年10月1日(月)~2019年3月31日(日)
■当選発表  ①2018年10月下旬予定 ②2019年4月下旬予定
※当選は当ホームページにて発表します。
当選者さまにはインスタグラムダイレクトメールを通じて個別に連絡いたします。
■応募規約 画像をクリックし、応募規約をお読みください。
■応募資格 応募規約に同意していただいた方

イベントイベントトップページギャラリー思い出の炭鉱写真展

安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄では、毎年8月のお盆の時期に懐かしい美唄の炭鉱の写真を展示しています。
アルテピアッツァ美唄はかつて炭鉱で栄えていた地域で、お盆にはたくさんの方が故郷・美唄に帰られて、ここにお立ち寄りくださいます。
ふるさととして「お帰りなさい」の気持ちを込めて、そして美唄の炭鉱の歴史、ここで生活した人たちの記憶を未来へ繋いでいくために写真展を開催しています。
会場に、来場者に思い出を書いていただく往時の地図「思い出地図」を 展示しますので、ぜひご記入ください。

■会期      2018年8月8日(水)~8月26日(日) ※8月21日(火)のみ休館
■場所      展示室A、B
■料金      無 料

<関連企画>
・8月11日(土) 炭鉱映像館
・8月13日(月) アルテの盆踊り
・8月26日(日) てくてく美唄炭鉱―三井美唄編―

その他イベントてくてく美唄炭鉱 -三井美唄編-

てくてく美唄炭鉱は、かつて炭鉱で栄えていた地区の、今もその場所にある建物はもちろん、今はなくなった建物の跡をその土地を知る人と歩き、その場所の記憶や思いを参加者と共有する企画です。
三井美唄編では、3000人以上児童が通った超マンモス校の三井美唄小学校跡地や”ヤマの文化センター”三井美唄互楽館など、当時の足跡を見つけながら3時間くらい歩きます。

■日時 2018年8月26日(日)13時 南美唄コミュニティセンター出発
■集合場所 南美唄コミュニティセンター(美唄市南美唄町西町)地図
※駐車スペース有
※場所がわからない方はアルテピアッツァ美唄に12:30までにお越しください。スタッフの車が先導いたします。
■参加料金 500円(当日のイベント保険代など)
※ 外を歩く服装でお越しください
※ 飲み物はご持参ください
※ 小雨決行、 荒天時中止

イベントギャラリーAkiYo ドローイング展「Draw the Line」

AkiYoさんが舞踏家・田仲ハルさんの舞踏姿を描いたドローイング作品展です。

■会期    2018年8月30日(木)~9月9日(日)※最終日は15:00まで
■場所    ギャラリー(木造校舎2階)展示室A
■料金    無 料

その他イベント9月1日・2日、開館延長します

安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄では、下記2日間、開館延長します。

■日 時: 2018年9月1日(土)、2日(日)、各20:00 まで

敷地内にありますカフェアルテも20時までオープンしています(ラストオーダーは19時半です)。

併せて、9月1日(土)18:00~ 「水の広場」の流路と池に、ころころキャンドルを灯します。
みなさま、ぜひお越しください。

アートスペースイベント岩田 彩 ピアノリサイタル -音彩 NEIRO-vol. 4

ピアニスト・岩田彩さんによるピアノリサイタルです。

■日時:2018年9月8日(土) 開場14:00 開演14:30
■会場:アートスペース(旧体育館)
■料金:無料

■プログラム: シューベルト:ピアノソナタ 第21番 変ロ長調 D.960
ヤナーチェク:「小径にて」より
キース・ジャレット:ケルン・コンサート
ポンセ:マズルカ、インテルメッツォ
ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ 第5番 他

アートスペースイベント田仲ハル舞踏公演

AkiYo ドローイング展「Draw the Line」のクロージングイベントとして開催する舞踏家・田仲ハルさんの公演です。

■日時:2018年9月9日(日) 開場17:00 開演17:30
■会場:アートスペース(旧体育館)
■料金:無料

イベントイベントトップページストゥディオ アルテアルテ〇〇の学校 第14回マルマルは(編)(集)

Print「アルテ〇〇の学校」は、誰もが参加できる、小さな発見の場です。
毎回、様々なテーマでゲストを招き、お話を聞きます。

 第14回マルマルは(編)(集)。20 年にわたってアート書籍の編集に携わっている來嶋路子さんがゲストです。美術雑誌や人気絵本「ミッフィーとほくさいさん」など数多くの編集を手がけてきました。編集とひとくちで言っても、來嶋さんのお仕事は構成、取材、執筆、イラストまで多岐にわたります。その過程の多くをパソコンではなく手書きで行う來嶋さんならではの編集方法やこれまで携わった本づくりのエピソードなどをお話しいただきます。
 普段何気なく見ている本の見方も変わるかもしれません。どうぞお楽しみに。

■日 時:2018年9月23日(日祝)15:00~(受付14:30~)
■場 所:ストゥディオアルテ 美唄市落合町栄町 アルテピアッツァ美唄内
■参加費:ひとり1200円(ポポロ※1000円)
※「アルテ市民ポポロ」については、こちらをご覧ください。
交流会参加の場合、+800円
■定 員:30名 予約制
■予 約:電話または、受付フォームにてご予約ください。
安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄 0126-63-3137(9:00~17:00 火曜休)

繧「繝ォ繝・IMG_5321ゲスト 來嶋路子

東京都出身。1994年に美術出版社で働き始め、『みづゑ』編集長、『美術手帖』副編集長などを務める。2011年に北海道へ移住し、2015年アートやデザインの本づくりを行う「ミチクル編集
工房」設立。2018年夏に「森の出版社ミチクル」をスタート。小さな絵本『ふきのとう』など、北海道の自然やそこに生きる人々をテーマにした本づくりを行っている。現在、マガジンハウス
のウェブサイト「colocal」でエコビレッジ奮闘記を連載中。

ギャラリー、アートスペース、ストゥディオの使用について

ギャラリー(旧教室2部屋)  1教室につき1日 710円
アートスペース(旧体育館)  1日 7,120円
ストゥディオ アルテ(体験工房) 専用使用 540円/1h 個人使用 1人につき100円/1h

※ただし、冬期間(11月~4月)と暖房を使用するとき、暖房費として使用料の50%相当額を加算します ※申し込み・問い合わせは アルテピアッツァ美唄ギャラリー tel 0126-63-3137 まで ※美唄市条例改正に伴い、利用料を値上げいたしました(2016年7月1日より適用)

PAGE TOP