2018年12月のアーカイブ

良いお年を

投稿日 2018-12-29

 安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄は、雪の多い静かな年末を迎えています。

 今年は初めてNPO法人アルテピアッツァびばい主催の企画展(「大理石が彫刻になるまで」展)を開催したり、カフェアルテではフードメニューの提供を始めたりと、美術館として新しい取り組みも行いました。アルテピアッツァ美唄の少ないスタッフだけでは難しかったことも、様々なかたちで多くの方にご協力をいただき、実現することができ、私たちスタッフにとっては実りの多い年になりました。ありがとうございました。

 明後日、31日から年末年始のお休みに入りますが、屋外はご覧いただけます(お手洗いはありませんのでご注意ください)。年始は1月4日(金)から開館します。みなさま、良いお年をお迎えください。

認定NPO法人アルテピアッツァびばい スタッフ一同

美唄市立東中学校「ココロのかたち」展

投稿日 2018-12-26

 ただ今、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄内、木造校舎2階ギャラリーでは、美唄市立東中学校3年生による「ココロのかたち」展が開催されています。

 毎年この時期に開催されますこの抽象立体作品展、「いつも楽しみにしているんです!」と言って、足を運ばれるお客さまも多いです。
 担当の先生からは「生徒たちは、実際に手を動かして粘土創作にたどり着くまでの構想段階に多くの時間をかけていた」と伺いました。思春期真っただ中の多感なこの時期は、誰もが「自分は何者か」と考え、悩む時期ではないでしょうか。自分と向き合いながら、それを「かたち」にする作業はどんなに大変だったでしょう。根気強く創られた作品たちは、当然ながら、ひとつも同じものがありません。
 また、「ココロのかたち」は、それぞれが好きな場所や思い入れのある場所に作品を置いて「完成」としています。作品には写真が添えられていますので、こちらにもご注目ください。2019年1月14日(月)正午までの展示です。※12月31日(月)~2019年1月3日(木)はお休み。

 

第30回アルテの森語り

投稿日 2018-12-23

12月23日 冬至の昨日、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄内カフェアルテで「第30回アルテの森語り」を開催しました。2008年から始まったこの朗読会も、今回をもって一区切りということで、会場いっぱいのお客様がお越しくださいました。
 はじめに、この森語りに数多くゲスト出演してくださった安藤千鶴子さんによる朗読です。森語りの思い出話のあと、流れるように朗読が始まりました。クリスマスにちなんで、オー・ヘンリー作「賢者の贈り物」。外の雪景色を見ながら聞く安藤さんの落ち着いた声、皆さんすっかり物語りに惹きこまれていました。
 次に、ドイツからかけつけてくださったチェロ奏者のフリーデリケ・キーンレさん。今回は、第一回のゲストとしても参加してくださったチェンバロ奏者の明楽みゆきさんと共に、G線上のアリアなどを披露してくださいました。
 最後は、全30回に出演12月23日した磯田憲一さんによる朗読です。演目は、第一回目と同じ藤沢周平作「小ぬか雨」、森語りファンの方々にとっても思い出深い物語だったのではないでしょうか。最後の一節では、ゆっくりと一つ一つ言葉を確かめるように語り、30回の節目に相応しい朗読となりました。

 終演後、磯田さんの前にサプライズで30回をお祝いするケーキが登場し、会場も和やかな雰囲気に包まれました。そして、磯田さんから今までの思い出と感謝の言葉を述べつつ「これからは違う形を考えていますので、また皆さんと時間を共有できればと思います。」と締めくくりしました。12月23日
 その後の交流会では、冬至かぼちゃにお雑煮、そして沢山の差し入れがテーブルいっぱいに並び、参加者同士、名残惜しくも楽しい時間が過ぎていきました。

 今回で「アルテの森語り」は一区切りとりましたが、今後形を変えて、また皆さんとお会いできることを楽しみにしております。今までお越しくださったゲストの皆さん、参加してくださった皆さん、お手伝いしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

1月の「こころを彫る授業」お申込みは年内に

投稿日 2018-12-20

12月20日 朝から雪がハラハラと舞っています。スローモーションで地面に落ちて行く様は、いつ見てもドラマチックです。

 さて、今年も残すところ2週間をきりました。安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄で毎月開催しています「こころを彫る授業」、2019年最初の授業は1月5日(土)、6日(日)の開催です。12月31日(月)~1月3日(木)の間は休館となるため、授業のお申し込は12月30日(日)までにお願いいたします。真っ白い景色と澄んだ空気の中で、「こころを彫る授業」に参加しませんか?お待ちしています。

◆日にち:2018年1月5日(土)、6日(日)※1日のみの参加も可能。 ◆時間:10:00~16:00 ◆場所:安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄内ストゥディオアルテ(体験工房) ◆材料費:一般/15,000円(大理石)10,000円(軟石)大学生・高校生/10,000円(大理石)6,000円(軟石)中学生以下/9,000円(大理石)5,000円(軟石)◇アルテ市民ポポロ市民証提示の方は各1,000円割引 ◇翌月以降の授業に継続参加の場合は1日1,200円(アルテ市民ポポロ市民証提示の方は200円割引)。 ◇昼食について:持参していただくか、別途800円で美唄農家のお母さん達による昼食「かあさんの味」をご用意します。
小学4年生以上対象の授業です。お申し込みは、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄ギャラリー TEL 0126-63-3137 まで。※毎週火曜日、祝日の翌日、12月31日~1月3日は休館。

雪どけ…?

投稿日 2018-12-17

 昨日から少し気温が上がり、一時は雪ではなく雨が降っていました。
 そのせいで、地面を覆っていた雪がとけて、芝生が出てきたところもあります。積雪が1mを越え、「いよいよ冬本番!」と思っていたら、今日の午前中は春先を思わせる暖かさでした。

 北海道とはいえ、まだまだ季節を行ったり来たりしています。天気予報を見ると、今週は湿った雪が降る日もありそうなので、散策の際は傘があると安心ですよ!

年末年始のお知らせ

投稿日 2018-12-15

 今、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄内木造校舎1階美唄市立栄幼稚園の玄関に並んでいるのは、小さな「クリスマスツリー」。園児たちがそれぞれに飾り付けしたものです。かわいいですね~。

 さて、12月も半ばになり、年末年始の予定を立てている方も多いのではないでしょうか?アルテピアッツァ美唄の年末年始の開館について、お知らせします。
 年末は12月30日(日)まで開館、12月31日(月)~2019年1月3日(木)はお休み、年始は1月4日(金)から開館します。カフェアルテも同様です。
 毎朝、敷地内の道は除雪をしていますが、雪が降り続く日はどうしても追いつかないこともありますので、ご了承ください。長靴や丈長めのブーツを履いてくることをおすすめします!
 

パニーノの具材が新しくなりました!

投稿日 2018-12-12

12月12日 連日の雪で積雪が早くも1メートルを越えました。

 さて、4月から安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄内のカフェアルテで提供を始めた軽食、イタリアのサンドイッチ「パニーノ」「フォカッチャ」ですが、「お昼をまたいで一日ゆっくり過ごせました」「アルテに来る楽しみが増えました~」とおかげさまで好評いただいています。
 そんなサンドイッチ、具材が新しくなりました!パニーノは「手作りベーコンと季節野菜の酢漬け」。札幌の「オステリアパルコフィエラ」の中條シェフ(美唄出身)手作りのベーコンをカリッと焼いて、季節の野菜と一緒にサンドしています。フォカッチャは「3種のキノコと鶏肉のオイル漬け」。北海道産のキノコの香ばしさがオイル漬けされた鶏肉の美味しさをひきたててくれます。2種ともパンは美唄の石釜パン「ストウブ」さんで特別に作っていただいていますので、具材との相性もばっちりです。
 どちらもおすすめですので、雪景色を見ながら、ぜひご賞味ください。この時期、店内は比較的空いていますので、お友達同士や小さなお子さん連れでもゆっくりと過ごせますよ。

イタリアのサンドイッチ
■パニーノ(手作りベーコンと季節野菜の酢漬け)……1,100円
■フォカッチャ(3種のキノコと鶏肉のオイル漬け)……1,100円
※季節のピクルス・ドリンク付(税込価格です)
※+500円でかぼちゃスープも追加できます。

「冬もすてき!」

投稿日 2018-12-09

 先日、あるお客さまが「また来ました!」とギャラリーで声をかけてくださいました。
 この方が初めて安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄を訪れたのは、今年の夏。訪問先の札幌で偶然アルテピアッツァ美唄のことを知り、訪れてくださった方でした。その時、「こんなにいい場所だと思いませんでした」と感激され、1日中ここで過ごされていたのが印象的で、こちらもすぐに思い出しました。
 この日は、ストーブで温まりながら、「紅葉も見たかったけれど、この時期になってしまいました。でも、冬の風景もとてもすてき!」「美唄市はいい街ですね。いつか移住したいです」と笑顔でお話しされ、こちらまで嬉しくなりました。
 自然と彫刻が調和するアルテピアッツァ美唄は、季節ごとに風景が変わります。二度、三度と訪れるたびに違う風景と出合えるはずです。冬の間も開館していますので、温かくしてお越しくださいね。

新しいポストカード

投稿日 2018-12-06

 今朝は冷え込んで、しんしんと雪が降っていました。そんな中、エゾリスがヒバの木の近くでぴょんぴょんと跳ねるように移動していました。寒さはお構いなしのようです。

 さて、今日は安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄のグッズをご紹介します。
 木造校舎2階のグッズ売り場では、季節ごとに様々な表情をみせるアルテピアッツァ美唄の写真をポストカードにして販売しています。この秋、新しい種類のポストカードが仲間入りしました。春の桜、秋の紅葉、冬の雪原…と、季節感のあるものを選んでカードにしています。今後も少しずつ種類を増やしていく予定ですので、お楽しみに。その他、書籍やクリアファイル、トートバッグなどありますので、アルテピアッツァ美唄にお越しの際はぜひグッズ売り場にもお立ち寄りくださいね。

Sapporo55クリスマスへ行ってきました

投稿日 2018-12-03

12月3日 一昨日、札幌駅近くのsapporo55ビルで開催された「sapporo55 クリスマス」に参加してきました。
 安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄の四季の風景を切り取った写真展示やカレンダーの販売や、当館で定期的に開催している「こころを彫る授業」の体験コーナーも作りました。
 「昨日初めてアルテに行ってきました!」と声をかけてくださった方は、アルテピアッツァ行きの市民バスの運転手さんに「『もっと雪深くなってからもまたいい景色なんだよ~』と教えてもらいました!」と、笑顔でお話しくだいました。また、白い石に吸い寄せられるように近づいてきてくれた小さな女の子は、道具を上手に使い、「きれいね~」といつまでも石を磨きながら、色々お話ししてくれました。アルテにも遊びにきてくれたら嬉しいです。
 毎年声をかけてくださっています実行委員のみなさま、ありがとうございました!

RSS

PAGE TOP