イベント

イベントストゥディオ アルテアルテ〇〇の学校 第15回マルマルは(メ)(ガ)(ネ) ※終了しました

「アルテ〇〇の学校」は、誰もが参加できる、小さな発見の場です。
毎回、様々なテーマでゲストを招き、お話を聞きます。
 第15回マルマルは(メ)(ガ )(ネ)。みなさん、もしくは周りの方はどんなメガネをかけていますか?
今回のゲストは、美唄にあるこだわりのメガネ屋「メガネの三愛」代表の倉知忠良さん。「メガネは芸術と同じ」と熱く語る倉知さんに、メガネがもつ様々な力についてお話を伺います。後半は、東京を拠点に世界を飛びまわるメガネバイヤー・服部雅人さんを交えて、メガネの「かけ比べ」を行います。自分の知らない自分が見つかる?かもしれません。ぜひご参加ください。
 
■日 時:2018年11月11日(日)15:00~(受付14:30~)
■場 所:ストゥディオアルテ 美唄市落合町栄町 アルテピアッツァ美唄内
■参加費:ひとり1200円(ポポロ※1000円)
※「アルテ市民ポポロ」については、こちらをご覧ください。
交流会参加の場合、+800円 
■定 員:30名 予約制
■予 約:電話または、受付フォームにてご予約ください。※定員に達しました。
安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄 0126-63-3137(9:00~17:00 火曜休)

 

倉知 忠良(「メガネの三愛」代表)

1974年生まれ。美唄市出身。
叔父が経営する眼鏡店から2003年に独立し、美唄市内で全世界から厳選して仕入れた眼鏡のセレクトショップ「メガネの三愛」を設立する。現在はその代表を務めながら、SS級認定眼鏡士、眼鏡ソムリエとして眼鏡の魅力を伝えるべく、各地へ出張イベントも行っており、その人に似合う眼鏡を日々提案している。 http://opt-sanai.com

 

 

服部雅人(「グローブスペックス」ジェネラルマネージャー)

1961年、東京生まれ。
大手眼鏡店に入社後、国内の店舗勤務を経てニューヨーク駐在員として4年半勤務。その後台湾の支店長を務める。大手眼鏡メーカーで海外ブランドの製造企画を経験し、世界中の眼鏡デザイナーからの信頼も厚い。

PAGE TOP