イベント

イベントイベントトップページストゥディオ アルテアルテ〇〇の学校 第10回マルマルは(ア)(ス)(パ)(ラ)

Print「アルテ〇〇の学校」は、誰もが参加できる、小さな発見の場です。
毎回、様々なテーマでゲストを招き、お話を聞きます。

第10回マルマルは(ア)(ス)(パ)(ラ)

美唄のアスパラは品質の良さで定評があります。石狩泥炭地の有機質が豊富な土壌と、昼夜の寒暖差や雨・風の厳しい自然条件ゆえに、工夫次第で美味しいアスパラを栽培することができます。
今回のゲストは、美唄のうちやま農園3代目内山裕史さんです。日本一のアスパラ農家になる、と宣言し、美味しいアスパラを育て、自ら販路を開拓して美唄から全国に送り出す内山さんに、アスパラ栽培のあれこれを語っていただきます。
生で食べても甘くてジューシーという新鮮なアスパラの試食付きです。

■日 時:2017年7月29日(土)15:00~(受付14:30~)
■場 所:ストゥディオアルテ 美唄市落合町栄町 アルテピアッツァ美唄内
■参加費:ひとり1200円(ポポロ※1000円)
※「アルテ市民ポポロ」については、こちらをご覧ください。
交流会参加の場合、+800円
■定 員:30名 予約制
■申 込:安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄 0126-63-3137(9:00~17:00 火曜休)

_DSC2360 - コピーゲスト 内山裕史(うちやま農園)

1976年生まれ。札幌で、8年間のサラリーマン生活を経て、うちやま農園に帰農。
先代が開拓したアスパラ生産を継承し、農業は自営業者という認識のもと、自分で作ったものを自分で売ることに楽しさを見出す。アスパラの収量増と品質向上を常に目指す生産とともに、販売先となるパートナー探しも行う。
二児の父。村上春樹とmr.childrenを愛する。特技は円満退社。

PAGE TOP