てくてく美唄炭鉱-三井美唄編-

投稿日 2018-08-23
8月23日

以前の「てくてく美唄炭鉱 -三井美唄編-」

 お盆が過ぎ、涼しい日が続いていましたが、昨日から気温がまたぐんっと上がりました。

 さて、今週の26日(日)「てくてく美唄炭鉱―三井美唄編―」を開催します。てくてく美唄炭鉱は、かつて炭鉱で栄えていた地区を、当時を知る方々と一緒に歩き、その場所の記憶や思いを参加者と共有する企画です。今回歩く、三井美唄編では、児童数が3千人を越えた超マンモス校の三井美唄小学校跡地や”ヤマの文化センター”三井美唄互楽館など、今もある建物はもちろん、建物の痕跡も辿りながら、当時の様子を感じる事ができます。たっぷり、3時間くらい歩きますのでお飲み物をお忘れなく。
 お申し込みは不要ですので、直接集合場所にお集まりください。ご参加お待ちしています!

 現在、木造校舎2階のギャラリーで開催している「思い出の炭鉱写真展」の関連企画となってますので、こちらの展示もお見逃し無く。※26日(日)まで

■日時 2018年8月26日(日)13時 南美唄コミュニティセンター出発
■集合場所 南美唄コミュニティセンター(美唄市南美唄町西町)地図
※駐車スペース有
※場所がわからない方はアルテピアッツァ美唄に12:30までにお越しください。スタッフの車が先導いたします。
■参加料金 500円(当日のイベント保険代など)
※外を歩く服装でお越しください
※飲み物はご持参ください
※小雨決行、 荒天時中止

お忘れ物はありませんか?

投稿日 2018-08-20

 お盆明けの月曜日です。安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄内木造校舎1階にある美唄市立栄幼稚園の夏休みも終わり、今日からまた園児たちの賑やかな声が響いています。

 この夏休み期間中、たくさんのお客さまがアルテを訪れています。それと比例して、お忘れ物も多く届いています。
 麦わら帽子、カメラの三脚、サンダル…お心当たりの方、いらっしゃいませんか?または「こんなもの届いてませんか?」のお問い合わせも、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄ギャラリー TEL 0126-63-3137(9:00-17:00、毎週火曜日休館)までご連絡ください。

9月1日、2日は開館延長します

投稿日 2018-08-18

過去の「水の広場」ころころキャンドル点灯の様子

過去の「水の広場」ころころキャンドル点灯の様子

 連日、雨が降っている美唄です。朝晩だけではなく、昼間も寒くなってきました。なんと、大雪山では初雪が降ったとのニュースも!

 さて、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄では、9月1日(土)、2日(日)の2日間、20時まで開館延長し、屋外にある彫刻はライトアップします。もちろん、屋内の彫刻作品もご覧いただけます。カフェアルテも同様にオープンしていますので、ぜひお立ち寄りください(ラストオーダーは19時半です)。

 また、9月1日(土)の18時からは、「水の広場」の流路と池に、ころころキャンドルを灯します。今年の盆踊りの日に灯す予定でしたが、残念ながら、雨で中止になりましたので、この日に灯すことにしました。こちらも併せて、お楽しみください。みなさまのお越しをお待ちしております。

アルテの盆踊り

投稿日 2018-08-15

 8月13日、アルテの盆踊りは、昨年同様、今年も雨。順延予定の翌日も雨予報…ということで、今回はアートスペース(旧体育館)にて開催しました。
 室内にやぐらを組むことはできませんでしたが、らせん階段上に太鼓をセットし、例年通り、迫力のある生の太鼓のリズムで「こども盆踊り」と「北海盆踊り」を踊りました。
 延べ60名ほどの方が集まり、中には三世代で来てくださるご家族も。踊ったり、わいわいと歓談したり、賑やかな時間を過ごしました。雨の中、お集まりいただきましたみなさま、ありがとうございました。
 開催判断が直前になり、十分な告知ができず、申し訳ありませんでした。この日、灯すことができなかったころころキャンドルは9月1日(土)18:00から灯す予定です。

炭鉱映像館

投稿日 2018-08-12

8月12日 昨日、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄のアートスペース(旧体育館)にて、「炭鉱映像館」を開催しました。ただ今、木造校舎2階ギャラリーで行っている「思い出の炭鉱写真展」(8月26日(日)17時まで)の関連企画で、今年7回目の開催となりました。 
 映像を制作いただいたのは、炭鉱があった当時をよく知る、美唄在住の金沢俊美さんです。映像とともにご自身の体験談などをお話しいただき、聞き手にはNPO法人炭鉱の記憶推進事業団の酒井裕司さんをお迎えしました。
 上映された映像は、美唄鉄道東明駅から常盤台までの約6キロの道のりを、一緒に歩く感覚でご覧いただけるような構成でした。多くの人々が行き交った通りや、街の景色とともに、盆踊りなど季節の催しものの記録を織り交ぜてあり、炭鉱での生活や風習など、当時の様子がうかがえる貴重な映像を見ることができました。金沢さん、どうもありがとうございました!

 

「思い出の炭鉱写真展」始まりました

投稿日 2018-08-10

8月10日 毎年お盆の時期に合わせて開催しています、「思い出の炭鉱写真展」(企画協力・資料提供 美唄市郷土史料館)が安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄ギャラリー(木造校舎2階)で始まりました。
 かつて、大規模な炭鉱の町として栄えた美唄市ですが、その炭鉱で働く人々の姿や、炭鉱住宅街、そこでの日々の生活がうかがえる様々な写真を展示しています。
 また、会場には、往時の美唄を知る方々の記憶や思いを、次の世代へ繋いでいけるようにと、活気に溢れる頃の南美唄、東美唄、茶志内の地図を展示し、炭鉱での懐かしい思い出やメッセージを書き加えていただけるようにしています。みなさんの記憶やメッセージで地図を埋めていただき、「思い出地図」を一緒につくりあげていただけたら嬉しいです。
 この写真展は、8月26日(日)まで開催しています。※毎週火曜は休館日ですが、8月14日(火)はお盆期間中につき開館しております。

IMG_6874 そして、8月11日(土)13時半からは、アートスペース(旧体育館)にて「炭鉱映像館」を行います。美唄の懐かしい炭鉱での生活や、季節の催しの様子、今は廃線となった美唄鉄道など、美唄在住の金沢俊美さんが制作された、当時の貴重な映像を上映します。お申し込みやご予約は不要ですでの、ぜひご参加ください。お待ちしております!

sapporo55夏祭り、行ってきました

投稿日 2018-08-06

 先週の土曜日、札幌駅の近くのビルで行われました「sapporo55夏祭り」に行ってきました!ありがたいことに毎年お声かけいただき、参加しています。
 美唄を飛び出して、札幌で「安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄」のことをご紹介できる貴重な機会です。

 私たちのブースには、アルテのリーフレットやポストカードなどを並べたり、「こころを彫る授業」のご紹介コーナーなどを作ったりして、訪れる方々とお話しました。「先月行ってきたばかり。この彫刻が好きだった」と教えてくださる方や「へ~、意外と札幌から近いんだね。行ってみたい」と興味を持ってくださる方、また、ご旅行中の方にもお立ち寄りいただき、「ああ、行きたいと思っているけど、今回は行けるかな…もし行けなかった残念だから、ポストカードだけ買っておくわ!」と、カードを購入してくださった方もいらっしゃいました。

0806-1 今回も多くの方に直接アルテを紹介し、興味を持っていただくことができ、嬉しかったです。ポポロの方にお手伝いいただきながら、私たちも楽しい時間を過ごすことができました。主催の竹中工務店の皆さまをはじめ、関係者の皆さま、お立ち寄りいただきました皆さま、ありがとうございました!
 

あじさい

投稿日 2018-08-05

8月2日 ここ一週間ほど、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄ではあじさいが咲いています。朝、園内の作品を清掃しに森へ足を踏み入れるたび、うす紫色の見事なあじさいが目に飛び込んでくるのですが、今日はお天気もよく、木漏れ日がちょうど一輪のあじさいに当たって、なんとも言えない美しい瞬間を見ることができました。
 本州では、6月から7月にかけて梅雨の時期に咲くあじさいですが、北海道では今時期となります。彫刻散策にお出かけの際は、こちらもお楽しみください。

まじょみならい と まじょこたちのゆめ ~9才のななの詩や絵やみんなのいろいろ~

投稿日 2018-08-01

 今日から、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄ギャラリー(木造校舎2階)では、展示「まじょみならい と まじょこたちのゆめ ~9才のななの詩や絵やみんなのいろいろ~」が始まっています。

 鎌倉に住む9歳の女の子、“まじょみならい”のななちゃんは年長さんの時に初めてアルテを訪れて以来、ここを舞台にした絵や物語、詩をたくさん作っています。展示室Aには、ななちゃんの作品がずらり!ななちゃんの中に広がるアルテの世界を見ることができますよ。初日からななちゃんは新しい作品を作り、展示に追加していました。

 お隣の展示室Bには、ななちゃんが憧れる“まあこまじょこ”さんの作品が「いままで そして これから」と題して並べられており、まあこさんの大らかで、穏やかで、凛とした強さを持つ世界が広がっています。0801-22
 また、展示室Aの中には、紙で作ったポプラの葉っぱを用意していますので、それに感想やコメントなどを書いて貼ってください、とのこと。ポプラの葉でいっぱいになるといいですね。8月6日(月)までの展示です。※最終日は15:00まで。

8月「こころを彫る授業」

投稿日 2018-07-29

 美唄も気温の高い日が続いています。木陰に入ると涼しいですが、散策の際には熱中症対策をお忘れなく。

 さて、8月の「こころを彫る授業」は今週末の8月4日(土)、5日(日)にあります。夏の思い出に親子で参加してみてはいかがでしょう?学割もあります(小学4年生以上が対象の授業です)。詳しくはこちらをご覧ください。

◆日にち:8月4日(土)、5日(日)※1日のみの参加も可能。 ◆時間:10:00~16:00 ◆場所:安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄内ストゥディオアルテ(体験工房) ◆材料費:一般/15,000円(大理石)10,000円(軟石)大学生・高校生/10,000円(大理石)6,000円(軟石)中学生以下/9,000円(大理石)5,000円(軟石)◇アルテ市民ポポロ市民証提示の方は各1,000円割引 ◇翌月以降の授業に継続参加の場合は1日1,200円(アルテ市民ポポロ市民証提示の方は200円割引)。

◇昼食について:持参していただくか、別途800円で美唄農家のお母さん達による昼食「かあさんの味」をご用意します。3日前までに授業のお申し込みと一緒にご予約ください。

 お申し込み・お問い合せは、安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄ギャラリー TEL 0126-63-3137 まで。※毎週火曜日、祝日の翌日は休館日。

RSS

PAGE TOP