イベント

その他イベントインスタグラムフォトコンテスト2018

インスタチラシ2018 安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄で撮影したあなたの「お気に入り」の写真をインスタグラムから、ハッシュタグ「#artebibai2018」で投稿しましょう。写真のモチーフは「安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄」です。ベストショット賞に選ばれた方へ、当館オリジナルグッズをプレゼントします。
 あなたがアルテピアッツァ美唄で過ごして、出会い見つけた”瞬間”を切りとった写真のご応募をお待ちしています。

〈コンテスト概要〉
■応募期間  ①2018年4月1日(日)~2018年9月30日(日) ②2018年10月1日(月)~2019年3月31日(日)
■当選発表  ①2018年10月下旬予定 ②2019年4月下旬予定
※当選は当ホームページにて発表します。
当選者さまにはインスタグラムダイレクトメールを通じて個別に連絡いたします。
■応募規約 画像をクリックし、応募規約をお読みください。
■応募資格 応募規約に同意していただいた方

イベントイベントトップページギャラリー書・伊藤宏介個展「めくるめく風景の中で」

伊藤宏介さんによる書の個展です。アルテピアッツァ美唄で見たうつくしい風景や、忘れがたい心象を、漢字や近代詩のことばに重ねた作品が並びます。

■会期      2018年11月3日(土)~12月10日(月) ※会期延長しました。
■場所      ギャラリー(木造校舎2階)展示室A、B
■料金      無 料

イベントストゥディオ アルテアルテ〇〇の学校 第15回マルマルは(メ)(ガ)(ネ) ※終了しました

「アルテ〇〇の学校」は、誰もが参加できる、小さな発見の場です。
毎回、様々なテーマでゲストを招き、お話を聞きます。
 第15回マルマルは(メ)(ガ )(ネ)。みなさん、もしくは周りの方はどんなメガネをかけていますか?
今回のゲストは、美唄にあるこだわりのメガネ屋「メガネの三愛」代表の倉知忠良さん。「メガネは芸術と同じ」と熱く語る倉知さんに、メガネがもつ様々な力についてお話を伺います。後半は、東京を拠点に世界を飛びまわるメガネバイヤー・服部雅人さんを交えて、メガネの「かけ比べ」を行います。自分の知らない自分が見つかる?かもしれません。ぜひご参加ください。
 
■日 時:2018年11月11日(日)15:00~(受付14:30~)
■場 所:ストゥディオアルテ 美唄市落合町栄町 アルテピアッツァ美唄内
■参加費:ひとり1200円(ポポロ※1000円)
※「アルテ市民ポポロ」については、こちらをご覧ください。
交流会参加の場合、+800円 
■定 員:30名 予約制
■予 約:電話または、受付フォームにてご予約ください。※定員に達しました。
安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄 0126-63-3137(9:00~17:00 火曜休)

 

倉知 忠良(「メガネの三愛」代表)

1974年生まれ。美唄市出身。
叔父が経営する眼鏡店から2003年に独立し、美唄市内で全世界から厳選して仕入れた眼鏡のセレクトショップ「メガネの三愛」を設立する。現在はその代表を務めながら、SS級認定眼鏡士、眼鏡ソムリエとして眼鏡の魅力を伝えるべく、各地へ出張イベントも行っており、その人に似合う眼鏡を日々提案している。 http://opt-sanai.com

 

 

服部雅人(「グローブスペックス」ジェネラルマネージャー)

1961年、東京生まれ。
大手眼鏡店に入社後、国内の店舗勤務を経てニューヨーク駐在員として4年半勤務。その後台湾の支店長を務める。大手眼鏡メーカーで海外ブランドの製造企画を経験し、世界中の眼鏡デザイナーからの信頼も厚い。

イベントイベントトップページ第30回アルテの森語り

30回チラシ「アルテの森語り」は定員に達しました。12/1更新
 「アルテの森語り」は、磯田憲一さんと、素敵なゲストをお招きし、季節の節目に開催している朗読会です。30回目の今回は、安藤千鶴子さん、フリーデリケ・キーンレさんをゲストにお迎えします。毎年恒例のお餅つきも行いますので、ぜひお楽しみ!

■日時    2018年12月22日(土)15:30~ ※カフェアルテは15時で閉店となります。
*終演後交流会があります。持ち込み、差入れ大歓迎*
■場所    カフェアルテ
■出演    ○朗読:安藤千鶴子さん/オー・ヘンリー著「賢者の贈り物」 
          ○朗読:磯田憲一さん/藤沢周平著「小ぬか雨」
          ○チェロ演奏:フリーデリケ・キーンレさん(チェンバロ:明楽みゆきさん)
■料金    2,000円(冬至かぼちゃ付)
■定員    40名・予約制 定員に達しました。
■ご予約・問合せ   安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄(0126-63-3137)

【お知らせ】
これまで磯田憲一館長が軸となり、多彩なゲストをお招きして開催してきた「アルテの森語り」は、30回目の今回で一旦終了となります。また違う形で皆様と楽しいひとときを過ごせる企画を思案中ですのでどうぞお楽しみに。

アートスペースイベント加藤訓子「バッハを弾く。」BACHツアー 2018 ※終了しました

日本を代表するパーカッショニスト加藤訓子が、 2017年グローバルリリースしたソロアルバム「B A C H」(バッハ)は、 英リンレコーズの年間ベスト・アルバムに輝き、 第10回CDショップ大賞クラシック賞※ を受賞 する等、世界的に大きな話題を呼んだ。同アルバムのライブ版・バッハツアー北海道公演。
Video Link: https://youtu.be/FkFk7s2UQMg

※第10回CDショップ大賞クラシック賞受賞
「楽器の常識を超えた音楽性に惹かれる、至高のバッハ」
録音のクオリティが高いことで名高い、LINNレーベルでのソロ録音第4弾。この盤は、ある意味マリンバという楽器の範疇のみならず、数あるバッハ・アルバムの中でも飛び切り魅力的な演奏です。バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身「この曲を弾きたい、聴きたい」という観点でセレクトされた全8曲は、どれもオリジナルの曲調をさらに引き立てる至高のバッハ。「究極のミニマリズム」とも称されるバッハの魅力が堪能できます。 (タワーレコード・北村 晋)

主催:kuniko kato arts project | NPO 芸術文化ワークス
後援:北海道

■ 日 時: 2018年11月25日(日) 17:30開場、18:00開演
■ 場 所: アートスペース(旧体育館)
■ 出 演: 加藤訓子
■ 料 金: 一般前売4,000円(当日5,000円) 学生・シニア3,000円(前売・当日共通 要学生証・65歳以上) 全席自由
続きを読む

ギャラリー、アートスペース、ストゥディオの使用について

ギャラリー(旧教室2部屋)  1教室につき1日 710円
アートスペース(旧体育館)  1日 7,120円
ストゥディオ アルテ(体験工房) 専用使用 540円/1h 個人使用 1人につき100円/1h

※ただし、冬期間(11月~4月)と暖房を使用するとき、暖房費として使用料の50%相当額を加算します ※申し込み・問い合わせは アルテピアッツァ美唄ギャラリー tel 0126-63-3137 まで ※美唄市条例改正に伴い、利用料を値上げいたしました(2016年7月1日より適用)

PAGE TOP